スポンサーリンク

記事一覧

グッズレビュー
タスケです。商品そのものに証拠が埋め込まれている……そんなヒット商品を探す心の旅に出たタスケですけれども。※参考記事 ⇒ http://tasuke2016.jp/blog-entry-335.htmlじゃ~ん。妖怪ねこ人間あらわる。出たナ妖怪!なんかようかい?[出典:catdoll.jugem.jp]この画像、コラージュや合成写真ではありません。チョッと見、なめ猫アイコラのような、思春期の若者たちがおもしろがって創るクソコラのような、なんとももどかしい絵では...

記事を読む

デイリーマインドセット
今日のテーマ:経営はサーフィンと同じ。波が来ていないのにジタバタしても意味がない・なにをやってもうまく行かない時期はあせらず、待つ。 むちゃな行動をしない。 波がこないときは待つ。 勉強や計画の時期 ジタバタしない。 ・運命学の『運』の概念ではなく、『波』とイメージする。仙人さんのデイリーマインドセットとはインプロビック社が販売している、「X-ファミリーオフィス」の特典として毎朝6時に配信されるコン...

記事を読む

極上おすゝめ!
予告!2017年06月30日(金)12:00~07月14日(金) 23:59募集終了。タスケです。北口賢太朗さんの 『 メルプラ解析セミナー 』キてます!メルプラ解析セミナーご案内URLComing Soon……セミナー内容・中国輸入とメルカリ、◯◯を掛け合わせると・なぜ最短、最速で、誰でも利益を稼ぐことができるのか?・具体的な仕入先、販売先の紹介・今から売って買っても儲かる、販売事例の紹介・正しいお金の守り方、資金編・貯金20万円、カード枠10万...

記事を読む

書籍
タスケです。今回は、ショーン・エイカー著『幸福優位7つの法則』の内容まとめをシェアしたいと思います。幸福優位7つの法則 仕事も人生も充実させるハーバード式最新成功理論 [ ショーン・エイカー ]■内容紹介「自分は幸せだ」と思える人ほど、よい結果を生んでいる。ハーバード大学で人気第1位の講師直伝!最先端のポジティブ心理学が解き明かす「成功」と「幸福」の驚くべき関係。世界中から秀才が集うハーバード大学で学生か...

記事を読む

デイリーマインドセット
今日のテーマ:行動しないと成功できない、が、行動しない方がいいときもある要点まとめ・大量行動が必要な時期は、初期だけ。 いろんなことをたくさん経験するため。 失敗ももまたよし。試行錯誤。・マインドセット 小さくたくさんの失敗をしろ 小さくテストする・最初に成功したパターンに執着してしまう特徴がある。 筋トレ:最初はなにをやっても筋肉がつく(結果に出る) 格闘技:初心者は何をやって強くなる しかし、...

記事を読む

コピーライティング
タスケです。昨日は、Jr.コピーライター養成スクール 第8話:『コピー業界で生き残る方法 』まとめをシェアしました。コピーライティングスキルを磨くためには、毎日コピーを書くこと、優秀なセールスレターを書写するなど、日々の鍛錬が欠かせません。授業が終わったあとには、仙人さんから毎回、宿題が出されます。仙人さんからの宿題を実践することで、スキルがぐんぐん向上するよう、綿密に計算しつくされた内容となっています...

記事を読む

デイリーマインドセット
今日のテーマ:自分の考えを常に否定し検証し続けなさい仙人さんのデイリーマインドセットとはインプロビック社が販売している、「X-ファミリーオフィス」の特典として毎朝6時に配信されるコンテンツです。⇒https://www.naturalsuccess.jp/xfamilyoffice/X-Power 4次元肉体進化https://www.naturalsuccess.jp/xpower/★デーリーマインドセットタイトル一覧⇒http://tasuke2016.jp/blog-category-25.html...

記事を読む

コピーライティング
タスケです。コピーライター(C級)第8話:内容一部まとめをシェアします。■第八話:コピー業界で生き残る方法コピーライティングは、一生モノのスキルであることは間違いないが、コピーを書ける、というだけでは生き残れない厳しい現実がある。コピーライターと名乗る者が掃いて捨てるほどいるなかで、どうやって生き残っていけるのかというリアルな現実を直視する。・クライアントをどうやってみつけるのか?・戦場で生き残るた...

記事を読む

デイリーマインドセット
今日のテーマ:行動するときは三歩先まで考えておけ・登山の話 一歩一歩足を前に出していくことも大事だが、 道が間違っていたら大変なことになる。 立ち止まって、振り返る時も必要。・孤独な時間も必要だがやりすぎると仕事に戻れなくなる。 放浪者、バックパッカー……中毒になってしまう。仙人さんのデイリーマインドセットとはインプロビック社が販売している、「X-ファミリーオフィス」の特典として毎朝6時に配信されるコ...

記事を読む

デイリーマインドセット
今日のテーマ:経済を見るな 経営を見ろ仙人さんのデイリーマインドセットとはインプロビック社が販売している、「X-ファミリーオフィス」の特典として毎朝6時に配信されるコンテンツです。⇒https://www.naturalsuccess.jp/xfamilyoffice/・バタフライ効果(バタフライエフェクト)の話X-Power 4次元肉体進化https://www.naturalsuccess.jp/xpower/★デーリーマインドセットタイトル一覧⇒http://tasuke2016.jp/blog-category-25.htm...

記事を読む

コピーライティング
タスケです。先回は、X-Jr.コピーライター養成スクール (C級レベル)第7話『ヒット商品の秘密【実践編】』の内容と、宿題を公開しました。第7話は、ぼくにとってとても衝撃的な内容でした。どこが衝撃的かというと、コピーライターが本気出して書くコピーというのは、人生の中で回数が決まっているということ。その話を聞いて思わず、赤い玉、『赤い玉伝説』を連想してしまいました。コピーライターの赤い玉……なんだかメルヘンチ...

記事を読む

デイリーマインドセット
今日のテーマ:規模が大きい=富が大きい、は嘘仙人さんのデイリーマインドセットとはインプロビック社が販売している、「X-ファミリーオフィス」の特典として毎朝6時に配信されるコンテンツです。⇒https://www.naturalsuccess.jp/xfamilyoffice/X-Power 4次元肉体進化https://www.naturalsuccess.jp/xpower/★デーリーマインドセットタイトル一覧⇒http://tasuke2016.jp/blog-category-25.html...

記事を読む

リアル猫ヘッドが欲しい!リアルねこかぶり

タスケです。

商品そのものに証拠が埋め込まれている……
そんなヒット商品を探す心の旅に出たタスケですけれども。
※参考記事
http://tasuke2016.jp/blog-entry-335.html


じゃ~ん。妖怪ねこ人間あらわる。出たナ妖怪!なんかようかい?



[出典:catdoll.jugem.jp]

この画像、コラージュや合成写真ではありません。

チョッと見、なめ猫アイコラのような、思春期の若者たちがおもしろがって創るクソコラのような、なんとももどかしい絵ではあるのですが、

実はこれ、何が悲しゅうて『猫のかぶりもの』をしている中の人がドヤ顔で撮った写真なんです。

かぶりものといえば、宴会では定番のハゲヅラやバニーの耳などが思い浮かびますが、猫かぶりしている人は初めて見ました。

よし!何かの宴会のときに、この猫かぶりをして、普段から猫をかぶっている自分をさらにアピールしよう!

なんて、苦しいギャグをひねり出す人が続出することが予想されますね。

吾輩ハ猫かぶりでアル



このかぶりものは、アート作品なのである。宴会に使おうなんて了見のやつに、芸術なんぞわかるまい(タスケのことだよ)

作品名『リアル猫ヘッド』を創られたのは、日本羊毛アート学園:猫科の講師であられる佐藤法雪さん。生徒さんとのコラボ作品なのである。

う~む。見れば見れほどリアルじゃのう。

このかぶりものをして、猫と戯れたい衝動に駆られたのは、はタスケだけではないはず。

このリアル猫ヘッドのことを知ったのは、二年前の2015年4月。
上野の森・東京都美術館で展示会が行われるというので、早速行ってみました。

見るだけでなく、かぶれちゃうというステキな展示会でした。


直近では2017年5月に開催されていたようです。

実際に、目で見て触って、かぶってみたい方は、
こちらのサイトをチェックしておいてくださいね。
http://catdoll.jugem.jp/



★現場突入レポート:2015年04月19日(日)東京都美術館



リアル猫かぶり生首


リアル猫ヘッドは大人気!猫かぶりする人続出でした。


リアル猫ヘッド販売とお値段について



2年前は、販売予定はないとのことでしたが、
現在では、こちらのサイトで受注販売をされているようです。
ドワンゴジェイピーストア
お値段:¥648,000



以上、現場からのレポートでした。
関連記事

経営はサーフィンと同じ。波が来ていないのにジタバタしても意味がない【デイリーマインドセット第69話:Mr.X 仙人さん】

今日のテーマ:経営はサーフィンと同じ。波が来ていないのにジタバタしても意味がない




・なにをやってもうまく行かない時期はあせらず、待つ。
 むちゃな行動をしない。
 波がこないときは待つ。
 勉強や計画の時期
 ジタバタしない。
 
・運命学の『運』の概念ではなく、『波』とイメージする。


仙人さんのデイリーマインドセットとは


インプロビック社が販売している、「X-ファミリーオフィス」の特典として毎朝6時に配信されるコンテンツです。
https://www.naturalsuccess.jp/xfamilyoffice/

X-Power 4次元肉体進化
https://www.naturalsuccess.jp/xpower/

★デーリーマインドセットタイトル一覧
http://tasuke2016.jp/blog-category-25.html
関連記事

北口賢太朗 メルプラ解析セミナー 中国輸入XメルカリX〇〇=【謎のお宝?】

予告!

2017年06月30日(金)12:00~07月14日(金) 23:59募集終了。




タスケです。

北口賢太朗さんの 『 メルプラ解析セミナー 』

てます!


メルプラ解析セミナーご案内




URL
Coming Soon……



セミナー内容




・中国輸入とメルカリ、◯◯を掛け合わせると
・なぜ最短、最速で、誰でも利益を稼ぐことができるのか?
・具体的な仕入先、販売先の紹介
・今から売って買っても儲かる、販売事例の紹介
・正しいお金の守り方、資金編
・貯金20万円、カード枠10万円から利益30万円を実際に稼いだ裏技
・資産になる販売先をどうやって作っていくのか?
・オリジナル商品、OEM商品編





セミナー日程


セミナーは、
東京・大阪・名古屋・広島・福岡の各主要都市で開催されます。







……以降、詳細分かり次第更新します。


関連記事

幸福優位7つの法則~仕事も人生も充実させるハーバード式最新成功理論/ショーン・エイカー

タスケです。



今回は、ショーン・エイカー著
『幸福優位7つの法則』の内容まとめをシェアしたいと思います。


幸福優位7つの法則 仕事も人生も充実させるハーバード式最新成功理論 [ ショーン・エイカー ]



■内容紹介


「自分は幸せだ」と思える人ほど、よい結果を生んでいる。
ハーバード大学で人気第1位の講師直伝!
最先端のポジティブ心理学が解き明かす「成功」と「幸福」の驚くべき関係。

世界中から秀才が集うハーバード大学で学生から絶大なる人気を集める「幸福学」講座で講師を務めた著者は、厳しい競争環境でも前向きな精神状態を作り上げて抜きんでる人とプレッシャーに負けて行き詰る人の違いはどこにあるのかを追求。

本書では、ハーバード大生や著名企業のプロフェッショナルへの実証実験を踏まえ、成功をめざしてやみくもに努力するのではなく、幸福感や楽観主義をもつことが学業、仕事での成果に、組織の生産性向上、チームワークの強化に結びつくという事実を浮かび上がらせ、その要因を幸福優位性(ハピネス・アドバンテージ)と名付け、7つの法則にまとめた。

自己啓発から組織マネジメント、教育と幅広く応用可能で示唆に富んだ一冊。
グーグル、コカ・コーラ、IBMなど世界的企業で採用され、驚異の効果をあげたメソッド。本邦初公開!

『努力すれば成功する。成功すれば幸せになれる』という図式は間違いだということだ。
努力して結果を出した人は、往々にしてさらに高い目標を設定し、成功と幸せを先送りしてしまう。

すなわち、幸せは『成功に先行する』のであり、単なる成功の結果ではないのだ。
簡単に言おう。
人間は成功すると幸せになるのではなく、幸せな人間が成功するのだ。



■目次


・パート1
職場におけるポジティブ心理学~幸福優位性の発見/職場における幸せと成功/人は変わることができる

・パート2
幸福優位7つの法則

法則1 ハピネス・アドバンテージ~幸福感は人間の脳と組織に競争優位をもたらす
法則2 心のレバレッジ化~マインドセットを変えて仕事の成果を上げる
法則3 テトリス効果~可能性を最大化するために脳を鍛える
法則4 再起力~下降への勢いを利用して上昇に転じる
法則5 ゾロ・サークル~小さなゴールに的を絞って少しずつ達成範囲を広げる
法則6 二〇秒ルール~変化へのバリアを最小化して悪い習慣をよい習慣に変える
法則7 ソーシャルへの投資~周囲からの支えを唯一最高の資産とする


・パート3
幸せの波及効果~幸福優位性を仕事に家庭に人生に応用する


★幸福優位7つの法則より



■法則1 ハピネス・アドバンテージ(幸福優位性)


「嬉しいなぁ」「楽しいなぁ」「幸せだなぁ」
と思っている時ほど、物事は上手く行くという科学的根拠。


エイカー氏の実験より。
幼児の場合。
4歳の子供を2つのグループに分けて、積み木を組み合わせて別の形を作るというような作業をさせる。
片方のグループには「何か嬉しかったことを思い出てみて」と指示を出してから作業をスタートさせる。
もう一方のグループには何も指示しない。
すると、明らかに「嬉しかったこと」を思い起してから作業をスタートしたグループのほうが作業が速かったという。

成人の場合。
経験豊かな医師をグループに分け、『医療における重要な判断』のシミュレーションをしてもらった。
1つのグループには事前に「幸福度」を高める仕掛けをし、別のグループには特別なにもしなかった。
その結果、事前に幸福度を高めた医師グループの方は、他のグループの2倍のスピードで意思決定をし、しかも判断ミスは半分以下だったという。
では、「幸福度を上げる仕掛け」ってなんですか?というと、作業前に、たった1個のキャンディーを配っただけだった!

■法則2 心のレバレッジ化(心の持ち方を高める)


良いイメージを持って行動すれば、成果は増加する。
マインドセットによって、行動の結果は大きく変わってくる。
てこの原理を心に応用する。
てこの長さ=自分が持っていると信じる潜在能力や可能性、
支点の位置=変化を起こす力を生じさせるマインドセット

実験。
アジア人女性を集め2日に分けて同じ難易度の数学テストを実施。
1日目のテストの前に「女性は男性に較べて数学が苦手」という話しをし、そのことをイメージしてもらってから開始した。
2日目のテストの前には「アジア人は他の人種よりも数学の能力が高い」という話しをし、そのことをイメージしてもらってから開始した。
2回のテスト問題の難易度は同じだったにも関わらず、2日目のテストの点数は1日目より飛躍的に跳ね上がった。

香港大学では「自分の能力はどんどん向上する」と考えている学生と「自分の能力は固定されている」と考えている学生を、それぞれグループ分けし、一定期間ごとに英語の能力を計測した。
結果は、「自分の能力はどんどん向上する」と考えている学生の成績はどんどん良くなり、「自分の能力は固定されている」と考えているグループの英語の成績は、ほとんど伸びなかったという。


■法則3 テトリス効果


ポジティブな気分を維持すれば、いつでも上手く行くようになる。

テトリスというゲームには強い中毒性があり、ハマってしまうと、街を歩いていても、本屋の本から電気屋の段ボールまで、何でもテトリスに見えて組み合わせたいと思ってしまうという。
テトリス効果とは、何か一つのことをやり続けることで起こる現象のこと。
ポジティブな意識を持ち続けることによって、脳はどんなことが起きてもポジティブに思えるようになるということ。

実践。
一日の終わりに「今日あった3つの良いこと」を書き出してみよう。
1日5分、この作業を毎日繰り返す。
すると、脳内に、ポジティブな自分をスキャンするという回路が生まれ、徐々にポジティブな自分を常に見つめられるようになっていく。

■法則4 再起力(心的外傷後の成長)


気持ちを上手に切り替える方法を習得する。

問題や困難な状況に直面したとき、問題解決の為の行動をしなければ苦しみから抜け出すことはできない。
まず問題を直視し、状況を冷静客観的に判断し、問題解決の方法を考える。
人間には再起する力がある。
失敗をこの世の終わりのように考えるのではなく、『失敗から学んで成長して最後には成功するんだ』と考える。

多くのベンチャー投資家は、ビジネスで大失敗した人物しかマネージャーとして雇わないという。
マイケル・ジョーダンは高校の時は、レギュラーメンバーにも入れず控え選手だったという。

ジョーダンはこう語る。
「私は人で何度も何度も挫折した。それが今の成功をもたらした」

■法則5 ゾロ・サークル


小さな目標を設定し、クリアする。

ゾロというのは、アメリカでは古典的ヒーローである怪傑ゾロのこと。(日本では1961年にTV放映された)

ゾロは最初から無敵だったわけではなく、荒削りで隙が多かった若者時代に、師匠に徹底的に鍛えられて一人前になって行った。その時の訓練手法として使われたのが「ゾロ・サークル」。

小さな円を自分の周りに書き、その中で自在に動けるように鍛練をする。
そして十分自分をコントロールできるようになったら、円を大きくして、さらにダイナミックな動きができるように訓練のレベルを上げる

いきなり大きな目標を設定すると、プレッシャーが大きくなり、モチベーションも低下するため、最初は努力する範囲を狭くし、クリアすることに集中する。
クリアするたびに少しずつハードルを上げていき、大きな目標をクリアする。

仕事でも家庭でも、自分自身が運命の主人公であるという感覚は、幸せと成功をもたらす最大の推進力となる。
重要なのは、どれぐらいコントロールできるかではなく、『どれぐらいコントロールできると思っているか』

コントロール感覚が身についている人は、自分の成果を正しく認識できる。
コントロール感覚が身についていない人は、自分を正しく認識できない。

コントロール感覚を身につけるには、「正しい自己認識」という、一番小さな「ゾロ・サークル」を作ること。
ここで重要なことは、気持ちや感情を、客観化すること。

■法則6 20秒ルール


やりたくないことの準備は20秒でもしない。
20秒面倒な事がなくなるだけで良い習慣は続くようになる。
20秒面倒なことがあると悪い習慣を止めやすくなる。
悪い週間を止めるには20秒面倒なことをしなければならないようにする。

私たちは「単なる習慣の塊」である。
習慣は「初期設定」を変更しないと、変えることができない。
初期設定は、一番楽なことに集約されていく。

著者はギターが趣味だが忙しくて弾く機会がなかったため「毎日30分ギターを弾く」という目標を立てた。
しかし、4日で挫折した。
原因は、ギターがリビングのソファーから歩いて20秒かかるクローゼットにしまってあることだった。
ギターを取り出すための20秒が面倒になってしまったのだ。
そこで、ギタースタンドを購入し、ソファーの自分の座る位置から手が届くように置いた。

人はやりたくないことや面倒なことがあると、些細な障害でも大きな障害と感じ、面倒な気分になってしまう。
些細な障壁を取り除くことで、新しい生活習慣を作ることができる。

「面倒くささ」が習慣化を拒んでいた、ということ。
重要なのは、「望ましい行動」を「最も抵抗の少ない道にする」ということ。

悪い習慣を止めるための実験。
著者は帰宅後にだらだらテレビを観てしまう習慣を何とかしたいと思いながらも、止められないでいた。
仕事が終わり自宅に戻ると、まずリモコンでテレビのスイッチを入れてしまうのだ。
そこで、テレビのリモコンから電池を抜き、リビングから20秒かかる部屋の引き出しにしまった。
代わりに積ん読になっていた本を自分が座る位置に置いた。

最初の数日は、帰宅すると、電池が抜けていることを忘れてリモコン操作してガッカリしたという。
しかし、著者は引き出しまで電池を取りに行ったかというと、面倒だから行かなかった。
テレビまで行って操作するのも面倒だ、チャンネルを変えるのもボリュームを下げるのも面倒だ。
代わりに、すぐそばにある本を手に取ってパラパラめくったり、手許にあるギターを弾いて時間を過ごすようになった。

やがて、テレビ番組に対する興味が薄れている自分に気づいた。
そして読書とギター練習という、より「望ましい」習慣を身に付けた自分を発見した。

■法則7 ソーシャルへの投資(仲間づくり)


幸せになるためには仲間が大切。

予期しない難局や脅威に直面したとき、それを切り抜ける唯一の方法は、信頼している誰かと一緒に乗り切ること。
成功している人ほど、人を信頼し、人を大切にし投資する。

ハーバード大学はアメリカで最も優秀な人物が集まる大学の一つだ。
それは何を意味するか。今まで全米各地で「成績トップ」として生きてきた人達のうちの半分が、ハーバードでは「平均以下」に位置することになる。
過酷な競争社会ハーバードの学生の幸福度を研究した結果を、ある学者は次のように表現した。
「研究によって得られた発見を、一言で言えば『愛』に尽きる」

同じぐらい辛い状況、追いつめられた環境にある学生たちでも、信頼できる仲間関係を構築できている学生たちの幸福度は高く、孤立している学生は幸福度が低いという結果が出たのだ。

大学に限ったことではない。
2008年アメリカを襲ったリーマンショック直後、多くのアメリカ企業は未曾有のパニック状態に陥ったが、その際に多くの企業は社員同士のコミュニケーションの機会を増やし、相互の絆を強める努力をしたという。

福利厚生費や懇親会などの費用は不況の時にはまっさきに削られてしまうものだが、マネージャーたちは自腹でビール代を捻出し、社員と自由に会話する時間を持ち続けたという。

幸せは一人でも得られるものだが、そこに仲間の存在があることで、その幸福度は格段に高まり、強固なものに育っていく。
人と人との絆に投資する。これが大切なことなのだ。

幸福優位性は伝播する。
「笑顔」という形を通して、人から人へと伝わっていく。
「嬉しい」「楽しい」「幸せ」
プラスの感情を積極的に表に出すことで、周りにも幸せな気持ちの人が集まるようになる。
プラスな人々が集まることで、「上昇スパイラル」が生まれ、どんどん仲間同士の絆が強まり、幸福度が高まっていく。
同じことは家庭でもいえる。

■著者講演より 一部紹介


ほとんどの企業や学校で 考えられている成功の法則は「一生懸命がんばれば成功できる」「成功すれば幸せになれる」というものだということです。これは多くの人の子育てやマネジメント法、動機付け方法の基礎になっています。

これらの問題は、科学的に間違っており、逆だということです。
第一に、成功するたびに脳がするのは、『成功の定義を再設定する』ということです。
良い成績を取れば、もっと良い成績を取る。
良い学校に入ったら、さらに良い学校に入る。
良い仕事に就いたら、さらに良い仕事に就く。
販売目標を達成したら、目標をさらに上げる。

幸せが成功の向こう側にあるのなら、脳はいつまでもたどり着けません。
私たちがしてきたのは、社会が一体となって、幸せを認知できる範囲外に追いやるということです。
それは私たちが「成功したら幸せになれる」と考えているからです。

でも私たちの脳は、それとは逆の順に働くのです。
現状へのポジティブさの度合いを引き上げられれば、その人の脳は「幸福優位性」を発揮し始めます、
つまりポジティブな脳は、ネガティブな脳や、ストレス下の脳よりも、ずっと良く機能するということです。

知能が上がり、創造性が高まり、活力が増大します。
実際、あらゆる仕事上の結果が改善されることがわかりました。

ポジティブな状態の脳は、ネガティブな状態の脳より31%生産性が高くなります。
販売で37%成績が上がります。
ネガティブやニュートラルでなく、ポジティブなときに、医者は19%早く正確に、診断するようになります。
これは法則を反転させられることを示しています。

現状に対してポジティブになることさえできれば、脳は、より熱心に、速く、知的に働き、その結果として、より成功するようになるのです。

幸福と成功の法則をひっくり返すことができれば、自分の脳に本当は何ができるのか見えてきます。
ポジティブなときに脳で増加するドーパミンには、2つの役割があります。
幸福感を引き起こすだけでなく、あらゆる学習機能をオンにして、世界に対して違ったやり方で適応できるようにするのです。
脳がよりポジティブになるよう、訓練する方法を私たちは見つけました。
ほんの2分半でできることを21日続けるだけで、脳の回路を書き換えて、より楽観的でより成功するように、脳が働くようになります。

今ではどこの会社に行っても、これを教えることにしています。
ありがたく思うことを毎日新たに、3つ書くというのを21日間続けましょう。
それを終える頃には、世の中にネガティブなものではなく、ポジティブなものをまず見つけようとするパターンが身につきます。

過去24時間のポジティブな体験を日記に書けば、脳がそれを追体験することになります。
運動は行動が大切であることを脳に教えます。
瞑想は、私たちが複数のタスクを同時にしようとして陥る、文化的なADHDを克服して、手元にある1つのタスクに集中できるようにします。

そして意識して親切な行動を取りましょう。
メールソフトを開くたび、支えてくれる人の誰かに、称賛や感謝の気持ちの、メールソフトを開くたび、支えてくれる人の誰かに、称賛や感謝の気持ちの、ポジティブなメールを書くという人もいます。

このような活動をすることで、体同様に脳だってトレーニングできます。
そして幸福と成功の法則を反転させ、ポジティブな波紋を広げるだけでなく、本当の革命を生み出すことができるのです。


関連記事

行動しないと成功できない、が、行動しない方がいいときもある【デイリーマインドセット第68話:Mr.X 仙人さん】

今日のテーマ:行動しないと成功できない、が、行動しない方がいいときもある




要点まとめ

・大量行動が必要な時期は、初期だけ。
 いろんなことをたくさん経験するため。
 失敗ももまたよし。試行錯誤。

・マインドセット
 小さくたくさんの失敗をしろ
 小さくテストする

・最初に成功したパターンに執着してしまう特徴がある。
 筋トレ:最初はなにをやっても筋肉がつく(結果に出る)
 格闘技:初心者は何をやって強くなる
 しかし、多角的にトレーニングしないと強くなれない。

・初心者は最初の成功パターンに固執してしまう。
 ある程度成功してからも、初期成功パターンにこだわって大量行動をして失敗しまうケースがある。


仙人さんのデイリーマインドセットとは


インプロビック社が販売している、「X-ファミリーオフィス」の特典として毎朝6時に配信されるコンテンツです。
https://www.naturalsuccess.jp/xfamilyoffice/

X-Power 4次元肉体進化
https://www.naturalsuccess.jp/xpower/

★デーリーマインドセットタイトル一覧
http://tasuke2016.jp/blog-category-25.html
関連記事

こんなコピーライターはいやだ

タスケです。

昨日は、
Jr.コピーライター養成スクール 第8話:
『コピー業界で生き残る方法 』まとめをシェアしました。



コピーライティングスキルを磨くためには、
毎日コピーを書くこと、優秀なセールスレターを書写するなど、日々の鍛錬が欠かせません。

授業が終わったあとには、仙人さんから毎回、宿題が出されます。

仙人さんからの宿題を実践することで、スキルがぐんぐん向上するよう、綿密に計算しつくされた内容となっています。

仙人さんから出される宿題ってどんなもの?

今回もまた宿題の内容を、シェアしたいと思います。


★提出した宿題:嫌なことリスト(出来ないことリスト)


コピーライターとして、これだけはやりたくない(ストレスになるいやだ)リストを書き出す。

という宿題が出さました。

以下、やりたくない嫌なことリストです。


・詐欺まがい情報商材特有のニオイがぷんぷんするコピー
・誇大すぎる表現のコピー
・大げさすぎるコピー
・きれい事すぎるコピー
・煽りすぎるコピー
・心にもないコピー
・嘘くさいコピー
・お涙頂戴的コピー
・下品なコピー
・嘘や誤魔化しのコピー
・不安を煽りすぎるコピー
・支払いがスマートでないクライアントとのおつきあい
・コピーライターを安く使おうとするクライアントとのおつきあい



ぼくは基本的に自分の商品(サービス)を売っていきたいので
コピーライターとして、仕事をもらおうという考えはありません。

ただし、証拠を見つける旅の途中で、良きものに出会った場合はこの限りではありません。

その際、クライアントさんとは対等の関係でありたいですし、
お金の支払で揉めたり渋るような方とのお付き合いはまっぴらごめんです。
コピーライターとして、都合よく安く使われるのも御免です。

ライター駆け出しの頃、ある知り合いの社長からメルマガの代筆を請けたことがありました。
その時にとてもいやな思いをしたことがあり、それ以来自身の戒めとしています。

ライターとして相応の請求をしたつもりだったのですが、その場で請求書をみた社長の顔がたちまち曇り、暗い声で「タスケさん……これ高いなあ……」と。

いえ、この社長を責めるつもりはありません。
メルマガ外注は、ぼくが初めてでなかったようなので、
社長の中では、既に相場が決まっていたのです。

先に取り決めをしなかったぼくの問題と思っています。

世間さまのフリーライターへの評価(価額)は、こんなにも低いんだ!と、このとき初めて思い知らされた次第。

なのでこの瞬間から、今後クライアントに依存しないライターとして生きてゆく決心をしました。

次に、コピー内容について。

詐欺まがいの情報商材によく見られる
胡散臭いセールスレターは書かない!というのが大前提。
ぼくにとって、こんなものを書かない!というより、書けないといったほうが正解です。

万が一魔が差して、そんなものを書くようなことがあれば、そのときはライター生命終焉だと戒めます。

自分がやりたくないリストにあげたのは、ほとんど『詐欺まがい商材のセールスレター』に付随するものです。


以上が、提出した宿題になります。


30日間の体験入学。
X-Jr.コピーライター養成スクール
https://www.naturalsuccess.jp/XJrCopywriterSchool/



関連記事

自分の考えを常に否定し検証し続けなさい【デイリーマインドセット第67話:Mr.X 仙人さん】

今日のテーマ:自分の考えを常に否定し検証し続けなさい




仙人さんのデイリーマインドセットとは


インプロビック社が販売している、「X-ファミリーオフィス」の特典として毎朝6時に配信されるコンテンツです。
https://www.naturalsuccess.jp/xfamilyoffice/

X-Power 4次元肉体進化
https://www.naturalsuccess.jp/xpower/

★デーリーマインドセットタイトル一覧
http://tasuke2016.jp/blog-category-25.html
関連記事

コピー業界で生き残る方法 X-Jr.コピーライター(C級)第8話まとめ

タスケです。

コピーライター(C級)第8話:内容一部まとめをシェアします。



■第八話:コピー業界で生き残る方法


コピーライティングは、一生モノのスキルであることは間違いないが、
コピーを書ける、というだけでは生き残れない厳しい現実がある。

コピーライターと名乗る者が掃いて捨てるほどいるなかで、
どうやって生き残っていけるのかというリアルな現実を直視する。

・クライアントをどうやってみつけるのか?
・戦場で生き残るためにはどうすればいいか?




■ストリートテクニック


コピーライティングを教えている多くの人は、
小手先のテクニックだけを教えている。

コアな部分を教えている人はこの業界には10%もいない。

Jrコピーライター養成スクールでは、枝葉の部分(たとえばWebページのデザイン。仕様など)を教えていない。

出来るかぎりそういうムダな部分を削ぎ落として、ここだけやってればいいというコアな部分のみを伝えている。

なぜなら時間と共に変わるようなものは、子孫に残すものとしては不適切であるという理由から。

JrコピーライターC級レベルでは、すでに巷の90%のコピーライターとかマーケターとか以上のノウハウを持っている。



■コピーライターは、精神に異常をきたす人が多い


実はコピーって難しい……

コピーを簡単にする方法。

・ものごとは難しく考えないこと。
・簡単に簡単に考える思考グセをつけること。
 なぜ簡単にしなければいけないかというと、続けられないから。

・メンタル面を重要視(ケア)すること。
 コピーライターは、精神に異常をきたす人が多い。
・この業界に、長く居たもの勝ち(マイペースでいく)
・もうやめたい、もうやめたい、ということを避けてほしい。
 自分のペースを守る(自分が嫌なことやらないように工夫する)
 ↑バーンアウトしない秘訣



■メンタルアスリートになる


Jrコピーライターは『メンタルアスリート』である。

フィジカル面は時間とともに衰えるが、
メンタル面は鍛えれば鍛えるほど進化する。

コピーライターは一生モノ。
60代より70代……80代と熟成していく世界。

それがコピーライターのアドバンテージ。

・リラックスすることの重要性。
100%フォーカス(完全集中)
100%リラックス(完全休養)


↑この2つがとても大切。80%ではダメ。
100%でなければならない。




■最高のコピーを見つけろ、そして真似しろ


まず自分がどういうコピーライターになりたいのか決める。

自分が憧れる人、目標とする人(セールスレター)を決める。

仙人さんは、A級コピーライター以外のセールスレターは真似しなかった。
誰も知らないセミナーもやらない、業界では有名じゃない2人。

一人は、誠実なレターを書く人。
もう一人は興味性が強い、ストーリーが面白い人。(but信頼性が弱い)

この2人のセールスレターを真似して、いまの仙人さんスタイルが出来上がった。


■2つの必殺技を覚える(必勝パターン)


① 広告(セールスレター)そのものに価値を持たせる
② 圧倒的な証拠(これがあれさえすれば文章が下手くそでも関係ない!)。

・コピーライターが意識すべき2つのポイント(これしか考えない)アドバンテージ
 どうすれば圧倒的な価値を感じさせられるだろうか
 どうすれば圧倒的な証拠を見せることができるだろうか
 ↑これがあればライバルに勝てる


■8割の要因は【第一印象】


フォーマットやデザインなど、出てきた瞬間の印象がとても重要。

・マズい例
 何かを売ってる→何かを買わされる→お金を失う
 というイメージを想起させるもの。
 その時点でブロックがかかる。

・成功要因は、キャッチコピーではなく【印象】
 最後まで売り込みと気づかれないことが大事。
 最後の最後まで売り込みと気付かない。買ったことも忘れてしまうくらい。

・逆のパターン例
 無料オファーできらびやか→クロージングがシンプル。

■挑戦をしない


・エスキモーに氷を売ろうとしない!
 こんな挑戦はする必要がない。勝てる勝負しかしない。

・コピーライターテクニックとかスキルを過信しないこと!
 
・弱っている王者を倒す
 反応率が下がっている業界に入る……




以上、第八話をまとめてみました。


30日間無料。
X-Jr.コピーライター養成スクール(C級)
https://www.naturalsuccess.jp/XJrCopywriterSchool/

関連記事

行動するときは三歩先まで考えておけ【デイリーマインドセット第66話:Mr.X 仙人さん】

今日のテーマ:行動するときは三歩先まで考えておけ



・登山の話
 一歩一歩足を前に出していくことも大事だが、
 道が間違っていたら大変なことになる。
 立ち止まって、振り返る時も必要。

・孤独な時間も必要だがやりすぎると仕事に戻れなくなる。
 放浪者、バックパッカー……中毒になってしまう。



仙人さんのデイリーマインドセットとは


インプロビック社が販売している、「X-ファミリーオフィス」の特典として毎朝6時に配信されるコンテンツです。
https://www.naturalsuccess.jp/xfamilyoffice/

X-Power 4次元肉体進化
https://www.naturalsuccess.jp/xpower/

★デーリーマインドセットタイトル一覧
http://tasuke2016.jp/blog-category-25.html

関連記事

経済を見るな 経営を見ろ【デイリーマインドセット第65話:Mr.X 仙人さん】

今日のテーマ:経済を見るな 経営を見ろ




仙人さんのデイリーマインドセットとは


インプロビック社が販売している、「X-ファミリーオフィス」の特典として毎朝6時に配信されるコンテンツです。
https://www.naturalsuccess.jp/xfamilyoffice/

・バタフライ効果(バタフライエフェクト)の話


X-Power 4次元肉体進化
https://www.naturalsuccess.jp/xpower/

★デーリーマインドセットタイトル一覧
http://tasuke2016.jp/blog-category-25.html

関連記事

コピーライター 赤い玉、伝説

タスケです。



先回は、
X-Jr.コピーライター養成スクール (C級レベル)
第7話『ヒット商品の秘密【実践編】』の内容と、宿題を公開しました。

第7話は、ぼくにとってとても衝撃的な内容でした。

どこが衝撃的かというと、

コピーライターが本気出して書くコピーというのは、人生の中で回数が決まっているということ。

その話を聞いて思わず、赤い玉『赤い玉伝説』を連想してしまいました。

コピーライターの赤い玉……

なんだかメルヘンチックな話ですが、

打ち止めの時に先っちょから赤い玉が出て来る……



んじゃあ、なくって!

コピーライティングは、そうとう脳を酷使することから、
本気だしたコピーは、人生でそうそう書けるものではないと。

だから、
絶対売れる自信のある商品のコピーしか書かない!
書くなら絶対売る!という覚悟で臨むべきだ、と。

無言で売れるかどうかが一番大事。

商品そのものに証拠が埋め込まれているようなものを選ぶ。

受け身の姿勢ではなく、自ら積極的に『証拠を見つける旅に出る』と教わりました。


■Jr.コピーライターの立場について


ぼくが衝撃を受けた、仙人さんの語られた部分を書き起こしてみました。


コピーを書くのって、ほんとに…労力なんですよ。
なので、想像してほしいのが…これ、ウォーレンバフェットさんの投資の話と関連していると思うんですけど。

『人生で書けるコピーの数って決まってる』って思って欲しいんですよ。

ホントに、バーンて、この本気出したコピーっていうのは、
脳の一部を使うって思って欲しいんですよね。

たとえば、
20回書いたら、もうそれ以上書けないみたいな、脳が死んでしまうというふうに想像して欲しいんですよ。

そう考えると、ヘタなコピーって書けなくなるんですよね。

なので、
書けるコピーっていうのは人生で回数決まってるって…
まず、本気のコピーが書ける回数は、決まってるってわかってもらって。

そう考えて、一回一回コピー書く時に、
その商品が、ほんとに自分のちゃんとした収入源になるとか、
ほんとにこれが、ちゃんと売れて……
それがリターンが自分に無い限りは、書かない方がいいんですよ。

それがやっぱりA級コピーライターとC級コピーライターの境目になると思うんですね。

だから、
書くのであれば『絶対売れなきゃいけない』というのがあって、
その為には自分が関与して、売れる商品にしていかなきゃいけないんですよ。

でもどうしても難しいっていう場合は、
やらないほうが、自分の脳ためにとってはいいわけですよね。

そう。なので、そういう立場でJr.コピーライターを考えていかないと……

人生限られてるんで、書くならほんとに最強のコピーを書いてほしいっていうふうに思いますね、ぼくは。


平さん)でもJr.コピーライター、練習するっていうか、そういう機会もまったくないので、そこまで一気にはいけないと思うんですけど、どうですか?


ああ……練習の時期って大事で。

いろんなものをバンバン書いいって練習してスキルを磨いていくっていうのも、もちろん大事なんですけど。

全てが、やっぱり…その、経歴に影響していくっていうのもわかってほしくて。

もし、空振りすると、やっぱりそれが残るんですよね、その経歴が。


だから、たとえばゴルゴ13がミスって……
なんか、一回不発弾があって、彼の成功率が99.98%とかってあるじゃないですか。
やっぱり影響してしまったわけですね、それで。

なので、
(書写とか)見えないとこで練習とかはいいと思うんですけど、
ほんとにちゃんとクライエント持ってやるってときは、慎重にやらないと、
それでレベルが決まってしまうっていうのもあるんで。

だからそのバランスだとおもんですよね。
ちゅうちょして何も書かなかったら経歴も生まれませんし、
でも、何でもかんでも書いてたら、変な経歴になってしまうというのもあるっていうことです。




なるほど。

よく聴いてみたら、コピーライターの宿命論、の・ようなものではなかったのですね。

コピーライターは便利屋じゃないんだから、何でもかんでもホイホイ請けちゃいけませんよ、と。

仙人さんのお弟子さんで、
我々コピーライターのことをセールスレターを書く便利屋みたいに思われている、
下請けのような目で見られている……
というような、世間さまから低い評価を嘆いてた方がいました。

下請けのように見られているということは、
値切られたりしてもそれを請けてきたコピーライターがたくさんいたからです。

とは、いいましても。

コピーライターと名乗っただけで、仕事をくれるクライエントなどいないわけです。
仕事を貰えるだけ、それはすごいことだと思います。

当然、商品が売れなかったらコピーライターの評判が悪くなりますから、
コピーライター生命を考えるとなんでもかんでも請けるのではなく、
商品を慎重に選ばなければならないというのは、コピーライターとして確り心得ていなければならないことだと思い知らされました。

ぼくは生来の便利屋気質なものですから、
もし仙人さんの授業をうけていなかったら、
コピーライター便利屋になっていたかもしれないです。

それを思うと、実に恐ろしいことを考えていたものだ!恐怖しました。

結局コピーライターの赤い玉は、ぼくのひとりよがりの妄想でした。

でも、マインドセット的にはアリだと思いました。

安請負したくなったときには、
コピーライターの赤い玉を思い浮かべ、自分を諌めようとおもっています。


以上。

質問というか、感想というか、つぶやきを、
仙人さんにメール送信してみました。



30日無料体験★
X-Jr.コピーライター養成スクール
https://www.naturalsuccess.jp/XJrCopywriterSchool/




参考資料;映画 赤い玉



赤い玉[ 奥田瑛二 ]


映画:赤い玉、公式サイト
http://akaitama.com/

関連記事

規模が大きい=富が大きい、は嘘【デイリーマインドセット第64話:Mr.X 仙人さん】

今日のテーマ:規模が大きい=富が大きい、は嘘




仙人さんのデイリーマインドセットとは


インプロビック社が販売している、「X-ファミリーオフィス」の特典として毎朝6時に配信されるコンテンツです。
https://www.naturalsuccess.jp/xfamilyoffice/

X-Power 4次元肉体進化
https://www.naturalsuccess.jp/xpower/

★デーリーマインドセットタイトル一覧
http://tasuke2016.jp/blog-category-25.html

関連記事
Copyright © タスケ本舗:副業・ネットビジネス支援部 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます