スポンサーリンク



タスケです。

今回は、誰もが知るパナソニックを一代で築き上げた、松下幸之助を貴重な画像を交えながら紹介したいと思います。




創りだしたヒット商品は数知れず、たった5人で始めた松下電器を、世界的企業にまで成長させ、「経営の神様」と呼ばれています。





今では当たり前の「週休2日制」を、日本で初めて取り入れたのも松下。

社員が力を発揮できる会社作りに取り組み、人を大切にする経営者でした。





ある日のこと、松下は、仕事でミスした部下を呼び出しました。

「お前一体何考えとんねん。どーゆーことか説明せえ!」

仕事に対して、誰よりも厳しい姿勢を貫いた松下、部下の怠慢や甘えによるミスには、鬼のように叱ると有名でした。

しかし、そこは経営の神様、叱るだけでは終わりません。


松下幸之助が部下を叱った後のやさしい行動とは?


PHP研究所 専務取締役の佐藤梯二郎さんは、こう語ります。

「仕事に厳しい一方で、必ずフォローがありました」

松下は誰よりも部下の成長を考えていました。

ミスを反省させるためには、叱るときは徹底的に。

しかし、部下が部屋を出たあと、部下の奥さんに直接電話し、松下はこう伝えました。

「今晩 旦那さんはしょげて帰ってくると思います。夕飯に、お銚子二、三本付けて労ってあげてください」




自分が部下にやさしくしたら、きっと甘えにつながる、松下はそう考え、落ち込んだ部下のフォローを奥さんに託したのです。



八人兄弟の末っ子として生まれた松下。


しかし、家族が次々と病で亡くなり、26歳の時には、家族全員を亡くします。





その悲しみと孤独を経験したからこそ、松下は、社員を家族同然に思い育てたのです。





会社が大赤字を出した年、幹部たちは、社員半数のリストラを提案しました。

しかし松下は、一人の解雇も許しませんでした。

「企業の都合で解雇したり採ったりでは、社員は働きながら不安を覚える。一人といえども辞めさせたらあかん」

この言葉に、社員一人一人が奮い立ち、会社は危機を乗り越えました。

何よりも人を大事にした松下の言葉

「この会社は人を作る会社です。あわせて電気製品を作っています」



[画像出典:2016年04月05日「やさしい人なら解けるクイズやさしいね」]


おまけ・昭和のなつかしいCM『あんた松下さん?』



愛川欽也 CM 1972年 松下電器 ナショナルMAC「あんた松下さん?」篇


スポンサーリンク

 カテゴリ
 タグ
None