スポンサーリンク

タスケです。

チョッと前
『たけしのみんなの家庭の医学』という番組で、興味深い内容をやってたんですよ。

あるお医者さんが、画期的な認知症予防の研究結果を発表したんですね。

それは『ある匂いを嗅ぐと脳の若返りが期待できる』というものです。



30年以上認知症の臨床と研究を続けている名医:
浦上克哉先生(鳥取大学医学部・保健学科・生体制御学講座教授)は、
10年以上も前から鳥取県琴浦町で、認知症予防プログラムを実施していました。


生体制御学 浦上研究室

認知症予備軍だったお年寄りたちの認知機能を改善し、認知症の発症を防ぐなど劇的な効果をあげてきました。

数ある香りの中からどんなものが嗅神経に良いのかを分析し、
その香りを実際のアルツハイマー型認知症の患者さんに嗅いでもらい、認知機能の改善度を調べること10年。
ついに脳の若返りが期待できる“ある香り”にたどり着いたというのです。


アロマを使った認知症療法の効果・たけしのみんなの家庭の医学より




使用した香りは『ローズマリー&レモン』『ラベンダー&オレンジ』

『ローズマリー&レモン』は集中力を高め、記憶力を強化する刺激的な作用があります。

『ラベンダー&オレンジ』は、心や身体への鎮静作用が期待できます。



少し物忘れのある正常レベルの方にもアロマ療法を実施してもらうと、やはり認知機能が改善し、正常範囲の人の脳でも若返る可能性があることが判明しました。



昼に嗅ぐローズマリーとレモンのアロマをペンダントに仕込み、

夜のラベンダーとオレンジのアロマはディフーザーを使用したところ、

1週間後、家事がスムーズにできるようになり、

認知機能も検査してみても大幅に改善し予備軍を脱したといいます。






【昼】アロマペンダントから吸引



『ローズマリー&レモン』のアロマをペンダントに仕込みます。




【夜】アロマディフューザーで拡散


19時半~21時半に『ラベンダー&オレンジ』のアロマをディフューザーで拡散します。
(ラベンダー2滴:オレンジ1滴)




参考文献



アロマの香りが認知症を予防・改善する [ 浦上克哉 ]











ボケて
X-Jr.コピーライター養成スクール
https://www.naturalsuccess.jp/XJrCopywriterSchool/

スポンサーリンク