スポンサーリンク

タスケです。




本日5月10日水曜日、待望の『ダイナミックに死ぬ』が届きました。


『ダイナミックに死ぬ』ってなんですか?

添付の注意書きに、面白いことが書いてありました。



『ダイナミックに死ぬ』お取り扱いについて


ダイナミックに死ぬ、は仙人さんのレシピに基づき、内弟子の方々用に製造された とても強力なサプリです。服用の際は、下記注意事項を十分に守ってください。

ダイナミックに死ぬは飲用です。

エネマで使用するなどは禁止しております。



おもわず飲んでいたコーヒーを吹き出しそうになりました。

エネマとは、かんたんにいえば浣腸のこと。

『コーヒーエネマ』『コーヒー浣腸』とも呼ばれ、お尻の穴からコヒー液を流し込み腸内洗浄をするというもの。

なんでもお尻の穴から入れたがるという内弟子さんがいるようなので、真似しないように!ということなんでしょう(苦笑)


『ダイナミックに死ぬ』については
インプロビック社の平秀信さんが詳しく説明しているものがあるので、以下引用してみます。




平です、『死ぬ』サプリって知ってますか?

そうです。

飲んだら死ぬサプリ(栄養補助食品)です。

私は定期的に飲んでいます。

………

仙人さんは、かなり栄養学に精通しています。

小学生の頃から人体生理学、解剖学に興味を示し栄養学、トレーニング理論、など学者レベルで研究していました。

小学校高学年の年齢になるとご自身で食事メニューを作成し、お母さんに毎日の献立を命令していたそうです。

元々、味覚が無かったそうで、味付けは一切無視し人体に必要な栄養素が最も効率的に摂取できればそれで良し、という偏った考え方をしていたそうです。

プロテインを飲み始めたのはその頃だそうです。

友達の誕生日にはクレアチンパウダーをプレゼントして、全く喜ばれなかった事もあるそうです。

私が彼と出会って翌年の2005年には、二人でサプリメントを共同開発しました。

Xサプリ、と呼ばれる物です。

脳に必要な栄養素を全て凝縮しました。

クオリティに拘り過ぎて原価を無視し過ぎてしまい29700円で販売しても利益はほぼ無い状態、という現象に陥ってしまったほどです。

現在は成分を調整し、1万円以下で販売しています。

脳機能をマックスにしたい場合は、ぜひ、Xサプリ、とグーグルで検索して購入して下さい。

私に利益はほぼ無いので安心して下さい。

完全に慈善事業(仙人さんの個人的な趣味)のスタンスで販売しています。

2005年から売り続けて、おかげさまでもう12周年を迎えるベストセラーサプリです。

インプロビックの社員さんたちも飲み続けている本物の素材を使った補助食品なので安心です。

で、2012年(今から5年前)に、仙人さんがまた新作サプリメントの作成を企画しました。

その当時、私は鬱に悩まされていました。

抗うつ剤を規定量以上飲んだり、自殺を考えたり寝込んでいたり、落ち込んでいました。

私のションボリを見かねた仙人さんが鬱(ウツ)を一粒で完治させるサプリメントを開発してくれる事になったのです。

2012年当時、仙人さんは治療ビジネスも並行して、本格的に行っていました。

ガン患者や末期の糖尿病、不妊症の女性など医者がサジを投げた患者さんたちの治療サポート、アプローチ活動をしていました。

ウツの根源を焼き払うトータル栄養素を全て詰め込んだサプリメントのフォーミュラを
開発してくれました。

抗ウツ剤より『効く』、そして『天然素材』の粒つぶを発明したのです。。

が、販売は中止・打ち止めに終わりました。

生産を担当してくれる工場が見つからなかったのです。

日本国内のサプリメント生産工場に一つ一つ連絡し、生産を依頼しました。

が、ことごとく断られました。

なぜか?

========================
理由1: 仙人さんが頑固過ぎる
========================

とにかく仙人さんは妥協しない人間です。

中途半端なサプリは絶対に作りたくない主義。

1つ1つの成分を1ミリでも変えたくない、最高クオリティの素材以外は絶対に許さない。

代替案を聞く耳を持たない。

ちょっとでも自分の意見が通らないと
生産工場の担当者を攻撃するスタンス。

言葉の暴力。人格否定。脅迫。

工場の人が怖がって、離れてしまい
話が前に進みませんでした。

========================
理由2: 原価がかかりすぎる
========================

サプリメント業界では一般的に原価を低くして
利益を出します。

基本は原価の7倍から10倍の値段で販売し
利益を確保します。

例えば、1000円くらいの原価でサプリを生産し、それを7000円か1万円くらいで販売すると
儲かります。

7倍~10倍、が相場なのです。

が、計算が苦手な仙人さんはこの部分をどうしても理解しようとしません。

「平さん、原価は1万円かけて下さい。

そして1万円で販売して下さい」

………

そもそもサプリの原価に1万円かける会社は世界のどこを見渡しても存在しないです。

しかも1万円の原価で作ったサプリを同じ1万円で販売するなどナンセンスです。

損得分岐点などではなく、このプロセス自体で損になってしまうのです。

「仙人さん、 1万円の原価で作ったら、その7倍~10倍の値段設定にしないと儲かりません! 販売価格は7万円~10万円になってしまいます。これでは誰も買えません!」

私は必死に反抗しました。

が、仙人さんは算数を知りません。

「平さん、もう一度言います。私は計算はよく分かりません。原価は1万円です。そして販売価格も1万円です。もし、これ以上私に反抗するのであれば、販売価格を7000円に下げて設定します。それでもいいのですか?」

私は驚愕しました。

販売価格より原価の高いサプリを作成しようとする人間がこの世に存在する事をはじめて認識しました。

しかも、それを脅しの手段に使う人間。。

仙人さんの活動を知る人間はわかっていると思います。

彼はクレイジーです。

2006年には3000万円を使ってお客さん全員をハワイに連れていく企画を遂行しました。

私は泣いていました。

彼は笑っていました。

ここ最近で言うとX-Buddhaでは期末セミナーで2000万円以上のコストをかけて会場を用意し、タダでお客さんを招待し、3ヶ月間完全にゼロチャージで授業を行いました。

VIPのお客さんはリムジンで迎えに行ったり高級ホテルをプレゼントしたり。。

とにかく何でもアリです。

彼は本当に算数を知らないのです。

売れば売るほど損をするサプリメントを作ろうとしていたのです。

いくらクオリティが高く、鬱が治るサプリが完成したとしても、損をする企画は私はどうしても受け入れる事ができませんでした。

私は地に足がついた堅実な経営者です。

とにかく損してでも自分の考えを通そうとする仙人さんの企画に首を縦にふる事はできませんでした。

なので、企画が進まなかったのです。

========================
理由3: 成分が強過ぎる
========================

仙人さんは謎が多いです。

鬱を完治させる為のサプリには、生産工場のベテラン担当者も今まで聞いた事も見た事もないような成分が入っていました。

「この成分は、はじめて聞く名前です。このフォーミュラを開発した人は一体、どうやってこの成分の存在を知ったのですか?」

と聞かれたくらいです。

私も気になったので仙人さんに聞いてみました。

私:「仙人さん、一体こんな成分をどこでどうやって知ったんですか?しかも鬱に効く、というのは、なぜ分かったのですか?」

仙人さん:「南米の先住民に聞きました。肩を揉んであげたら教えてくれました」

との事です。

意味不明なエピソードを持ちすぎている仙人さんの言葉は嘘なのか本当なのかよく分からないのです。

冗談なのか真面目な話なのか?
誰にも分からないです。

が、よくよく数年後に聞いてみると実は本当の話だった、という事がよくあります。

先住民の肩を揉んで……というのはもしかしたら本当なのかも知りません。

とにかく彼は世界各地を転々と移動し一般ピープルは絡まないような人たちから情報を入手しているのは確かです。

彼と行動を共にすると段々わかってきます。

そんな謎の多い情報源、そしてご自身の実体験に基づく成分は日本に平和に暮らす我々一般の人間たちは聞いた事もない物がたくさん含まれています。

工場の担当者も首をかしげながら困惑するばかりです。

そして実際に成分をテストしてみると効果があまりにも強過ぎる事がわかり、一般販売はリスキーだ、との事でまたまた企画は進まなくなったのです。

仙人さんは常識を何も知らないので、私たち常識人がブレーキをかけないとどこまでも考えを実現する事にこだわりとんでもない事態が起こってしまうのは日の目を見るより明らかなのです。

………

あと100つほど企画倒れになった理由があるのですが、全部説明し始めると日が暮れてしまいます。

なので、ここまでにします。

とにかく仙人さんのサプリメント企画は2012年の時点で打ち止め中止になったのです。

が、なんと奇跡が起きました。

去年(2016年)、仙人さんの考え通りのサプリメントを生産してくれる工場が見つかったのです。

2012年から探し続けて4年もかかりました。

が、遂に仙人さんのワガママを理解し、最高クオリティーと素材で作ってくれる会社と出逢ったのです。

そして、『ダイナミックに死ぬ』

が遂に完成したのです。

本当に嬉しいです。

それ以前に販売していた、『ダイナミックに生きる』は、つなぎとして代替案で生産していた物です。

このダイナミックに死ぬサプリは5年前から仙人さんが追い求め続けた念願の作品です。

『生きる vs 死ぬ』

成分には雲泥の差があります。

ダイナミックに生きる、は毎日飲んでも体に優しい成分で構成されています。

が、ダイナミックに死ぬ、は勝負の日に限定して飲んだ方が良いです。

毎日飲むと鬱(ウツ)が消滅してしまいます。

そして、逆に、躁(ソウ)状態がキープされ周りから白い目で見られるくらい明るい性格になってしまう可能性があります。

仙人さんの内弟子のシゲちゃんは、このサプリを水に溶かしエネマで直腸に入れてみた所12時間ほど仕事に没頭してしまい気が付いたら過去最高セールスレターが完成してしまった経験もあるそうです。

恐ろしい現象です。

仙人さんが億越えセールスレターを書き上げる秘密がこのサプリだったのかも知れません。。。

今回、『ダイナミックに死ぬ』をあなたに販売しようと思いました。

仙人さんがこだわり続けた成分で完成した最高級サプリメントです。

あなたの年収を急激に倍増させるパワーを秘めたこのスーパーサプリメント。。

10万円でも安いと思います。

以下略

-------- 引用おわり --------

タスケが入手した『ダイナミックに死ぬ』は、
Amazonから仙人さんの漫画を購入してレビューしてくれた人にだけ、今回特別無料でプレゼントされたもので、まだ一般販売はされていません。

上の口から飲んでみて、どんな感じになるのか、
後日レポートしてみたいと思います。




スポンサーリンク