タスケです。

宮林慶次氏の『 FX超裏技プロジェクト 』

無料オファー、てますね!

香ばしいですね~

あやしいですね~

ゆんゆん。

宮林慶次 FX超裏技実践手法 アジア独占契約ってナニ!?





URL
http://ms.cho-urawaza.com/lpt/tf/


【特定商取引法表示】
著者:宮林慶次(画像)
運営業者:株式会社THC(画像)
運営責任者:磯貝慎泰(画像)
所在地:栃木県宇都宮市御幸ヶ原町65-11(画像)
お問い合わせ:070-6574-6704
メール:Project@cho-urawaaza.com
表現、及び商品に関する注意書き
本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません。





特定商取引法表示の肝心な部分が、全て画像で表示されています。

なぜわざわざ手間をかけて画像で表示しているのでしょうか?

これらのキーワードが検索されては困るなにかがあるんじゃないの?

なあんて、タスケなんかはすぐ勘ぐってしまうんですよね。

でもこれ『下衆の勘ぐり』なんかじゃないことが
いずれ明らかになるでしょう……(*^^*)


とある元便利屋親方の名推理

はじまります……


他のオファーページ~6サイトの存在が確認されています。



URL
http://ms.cho-urawaza.com/lpx/sa/


URL
http://ms.cho-urawaza.com/lpxk/fx/


URL
http://ms.cho-urawaza.com/lps/ura/


URL
http://ms.cho-urawaza.com/lpf/rkdx/


URL
http://ms.cho-urawaza.com/lpin/arxd/


URL
http://ms.cho-urawaza.com/lpts/tsdx/


メール登録後のページ



URL
http://ms.cho-urawaza.com/words/






まあ、オファーページの数がやたら多いという時点で香ばしいのですけれども。

こういうノウガキ、あなたはどう思われまして?


・世界初!国際ライセンスとも言えるアジア独占契約を取得した最先端の稼ぎ方

・国際的な「ある機関」からこの稼ぎ方は「合法」と、お墨付きをもらっている

・FXが何かわからないような完全素人でも
 投資経験すらない人でも
 忙しいサラリーマンや家事に忙しい主婦でも
 パソコンスキルがまったくない人でも
 ほぼノーリスク年間利回り200~500%
 ポチッとボタンを押すだけ
 今まで出回ることのなかった裏技。

・実践した「全員」が理論的100%確実に勝てる超裏技手法

・一度セッティングさえしてしまえば
 ポチッとワンクリックするだけで、
 誰でも簡単に、毎日毎日利益確定


いろいろと御託を並べてはおりますが、

宮林氏のFX超裏技っていうのは、結局、

スワップポイントのアービトラージなんです。

スワップポイントとは、FXで得られる利益のひとつで、2つの通貨の金利差のこと。
ちなみに、金利は1日単位で貰えます。

アービトラージとは、サヤ取り(利ざやを稼ぐ)のこと。

つまり、スワップポイントを利用した鞘取りのことなんですね。



では、具体的にどうやって利益を出すのか?

理屈はこうです。

スワップポイントは、証券会社ごとに違う場合があります。
まずこの点に注目します。

で、違う証券会社を使って両建て取引をします。
*両建てとは、特定の通貨ペアで『買い』と『売り』のポジションを両方持つこと。

このときの金利差を利用して、利益を生みだすというやりかたになります。


たとえば、証券会社AとBで、それぞれのスワップポイントが以下のような場合。


[画像出典:http://shachikushinai.com/try-sayadori/]

10万通貨でそれぞれ、証券会社Aで買いポジション、
証券会社Bで売りポジションを確保したとします。


[画像出典:http://shachikushinai.com/try-sayadori/]

この状態のとき、証券会社Aで『売り』・証券会社Bで『買い』決済をした場合
+100円と-85円ですから、15円の利益になることがわかります。

これが、宮林氏のいうFX超裏技なのですが、裏ワザでもなんでもなく既に知れ渡っている手法なんですね。

たしかに理屈としては、ノウガキどおり100%で勝つことができるでしょう。


ところが、世の中そんな理屈通りにいくほど甘くないのよネ ┐(´д`)┌


スワップポイントアービトラージの危険性



両建てポジションは、為替の変動によらず常にプラスマイナスゼロの状態を保っています。

その状態で、スワップ金利の利鞘だけを狙ったものであることがわかりました。


「これって絶対損しねんじゃね?アービトラージすげー、FX楽勝じゃん♪」

いまどきのヤングたちが、飛びつきそうなハナシですね。

ところがどっこい!

仮に証券会社Aで100万円の利益が出ているとすれば、証券会社Bでは、100万円の損失(含み損)が出ていることになります。
そのため、証拠金不足を回避するために、ひんぱんに資金移動する必要が出来てきます。
急な為替変動があった場合はことさら大変な作業になります。


またスワップに変動があった場合には破綻する危険もあるのです。

こんな危なっかしいやりかたには手を出さないほうが身のためです。


そんなことなら。

勝率8割をたたきだし、カップラーメンが出来あがるより速い利益確定も可能!な手法で稼いだ方が早いですね。

気になる方はどうぞ。

秒速スキャルFX