雪深い東北の寒村から上京、土建屋で働いていました。



その後、新聞配達、行商、廃品回収、債権回収、地図の調査員、

探偵、占い師、訪問販売、雇われ社長……など。

他にもここには書けないような^^;さまざまな仕事を経験しました。

でも、人から使われるのはどうも性に合わないナ、と。

そこで独立自営の道を歩もうと思いたち、

便利屋(なんでもや)を始めることにしました。

『困っている人の手助けをしたい』という思いから、

便利屋タスケという名前をつけました。

とにかく『なんでもやります!』というスタンスで、

依頼されたものはほとんど断わることはしませんでした。

よい人生経験になると思ったからです。

誰に頼んでいいのかわからない、誰に相談したらいいのかわからない……

そんな人の手助けになりたくて始めたのが便利屋でした。

・浮気の現場を押さえてほしいという探偵の依頼

・アヤシイ団体の潜入調査

・ストーカーのようなカレシと別れたい(今でいう別れさせ屋)

・息子がカルト宗教にハマってしまった……などなど

※ここには書ききれない興味深い便利屋時代のエピソードがありますので、当ブログでおいおい紹介したいと思います。



困っている人の手助けになればと身を粉にして働きました。



脇目もふらず、がむしゃらに働いたのは、

あることがきっかけで、知らぬ間に保証人になってしまい、

多額の借金を背負ってしまったからです。

なりふり構わず、カネカネカネ……借金を返すために、カネばかりを追い続けました。

で、ようやく借金返済の目処がたったころ。

今度は妻との関係が上手くいかなくなりました

今まで、家庭を顧みず、カネばかりを追いかけてきた自分を反省し、

心を入れ替え仕事に励んだのですが……



取引先の社長がトンズラし、600万円の売掛金だけが残りました。



収入源が絶たれ、当面の生活費はサラ金でまかなうようになりました。

借金が、どんどん増えていきました。

またゼロから便利屋を立ち上げる気力もなく、とにかく職を探そうとハローワークに通いました。

なかなか仕事が見つからず、酒に逃げたりして自堕落で恥の多い生活を送ってきました。

そうこうしているうちに、知り合いから電話があって、パソコン出来る人を探しているとの事。

早速、面談に行き即採用されたまではよかったのですが……

結局、その会社は半年で倒産。しかも給料未払いでした。



人生のやり直しをネットビジネスからスタートしました。



無一文どころか借金を抱えた状態で、人生を再スタートするにはネットビジネスしかないと思いました。

ヤフーオークションから始まり、

楽天アフィリエイト、せどり、アドセンス、

Youtubeなど、試行錯誤を繰り返しながら、紆余曲折を経て

現在はネットビジネス一本で生計を立てられるようになりました。

ここまで来るには、一人では無理でした。

自己流ではいつか壁にぶつかります。

自己流でもある程度稼ぐことができますが、なかなか安定しません。

ネット上には無料で教えてくれる先生や教材もあります。

でもそれだけで稼げるようになる人はまずいないと思います。

自分の経験からいえば、無料の情報を漁っているうちは、ホント芽が出ませんでした。

実績を上げ続けている人から教えてもらうのが一番のショートカットです。

自分の場合、今まで一人親方の期間が長かったので、ぜんぶ一人でやってきました。

でも、それは大きな間違いだった……

ということにやっと気が付きました。

何事も、自己流では限界がきます。

実際に稼いでいる人から教えていただき、現在にいたります。



関連記事
 カテゴリ