スポンサーリンク

タグ:ジャパネットたかた

ジャパネットたかたのタグが付いた記事一覧。

人物
タスケです。『今を生きる楽しさを!』ジャパネットたかた 高田明元社長についてシェアします。髙田明(たかたあきら)1948年11月3日生(68歳)長崎県平戸市でカメラ店の次男として生まれるジャパネットたかたの創業者として知られ、2015年1月16日までは同社の初代代表取締役社長を務めていた。髙田元社長のハートフルセールストークの秘密テレビショッピングでお馴染みの「ジャパネットたかた」30年程まえは街の小さなカメラ屋さ...

記事を読む

人物
高田明、買いたくなる秘密教えます/生で大事なことは通販から学んだタスケです。ジャパネットたかた元社長のセースルの極意「伝わる技術」についてシェアします。高田明が通販から学んだこと「伝えると伝わるは違う」ジャパネットたかた前社長の高田明さん68歳。ジャパネットたかたの社長としては昨年、テレショップも今年1月に引退しました。2001年、ジャパネットたかた自社スタジオ完成。長崎の佐世保に本社を置くジャパネット...

記事を読む

ジャパネットたかた 高田明 元社長珠玉の名言 心にしみるセールストーク

タスケです。



『今を生きる楽しさを!』
ジャパネットたかた 高田明元社長についてシェアします。

髙田明(たかたあきら)1948年11月3日生(68歳)
長崎県平戸市でカメラ店の次男として生まれる
ジャパネットたかたの創業者として知られ、2015年1月16日までは同社の初代代表取締役社長を務めていた。


髙田元社長のハートフルセールストークの秘密



テレビショッピングでお馴染みの「ジャパネットたかた」
30年程まえは街の小さなカメラ屋さんでした。


1974年に入社した実父の経営するカメラ販売店「有限会社たかたカメラ」から1986年1月に独立し、佐世保市三川内町に設立した「株式会社たかた」が前身である。
1999年5月に社名の「たかた」を現在の「ジャパネットたかた」に改めた。
[出典:Wikipedia]




その小さなお店を、全国区にまで拡大させたのが、髙田明元社長です。



髙田さんのセリフは台本がなく、自分の言葉で話しています。

「自分が商品を実際に使って、気づいたことを素直に伝えたい」

そんな思いで紹介しているそうです。

そんな髙田さんが、以前、ビデオカメラの使い方を紹介したとき
『あるやさしいセールストーク』が評判になりました。



「お子さんを撮られるご両親に、一言お願いがあります」


「撮る時にですね、お子さんだけを撮っちゃダメですね」


髙田元社長が紹介し、『やさしい♥』と話題になったビデオカメラの使い方とは、いったい何だったのでしょうか?



髙田元社長のやさしいひとこと






髙田)「お父さんお母さんがうつってないと。一緒にうつってください」

髙田)「お母さんお父さんの若い時の映像あったらどうです?」

アシスタント)「見たいです」

髙田)「だから、撮る時は一緒に絶対うつった方がいいんですよ、ビデオカメラって」

髙田)「そういう使い方をしてほしいんです、皆さん」


撮影している親が、自分の姿も一緒にうつすことで……

「自分の成長を親はどれだけ喜んでくれたのか?」

「どれほど愛情を込めて育ててくれたのか?」

成長して大人になった子ども自身も、親の愛を感じることができます。


「子どもの思い出に残るように両親も一緒にうつる」

カメラを購入してくれたお客様に、そんな思い出を残してあげたいという髙田さんの願いが込められていたのです。

[出典:2016年4月19日放送『優しい人なら解ける クイズやさしいね』]


高田明の名言




何をするにも人生で手遅れなんてことはないのですが、1つだけ言いたいのは、

どんな挑戦でも、やるなら今すぐ始めましょうということです。




できないと決めているのは誰かというと、自分自身なんです。
人は決めませんから。

まず自分ができると信じること、あまり考えずに思ったようにやってみること。

やってみてできなかったから、やり方を変えてみればいい。




私は社外には売上目標を掲げてきませんでした。

それは会社経営は売上数字の目標から入ってしまうと、事業の本質を見失うと思ったからです。

社内的に目標を伝えたのも、2008年が初めてです。

いろいろな考え方があると思いますが、私自身、事業の本質とはあくまでお客さま満足度を愚直に向上させることだと思っています。

それが本質であり、売上数字はあくまで結果だと考えているんです。

だから、結果にばかり目がいくと、そもそもの目的がブレてしまう。

つまり、売上数字に事業自体が翻弄されてしまうんです。

常にお客さまの目線に立つこと

これが経営するうえで一番大事だと考えています。





経営者に大事なのは継続する力です。

必死に頑張るのは誰でもできます。

しかも経営者なら頑張るのは当たり前です。

大事なのは、どこまで粘り強く続けられるかです。

継続にこそ意義があります。途中であきらめてはいけません。

真の経営者は、常に満足することなく、改善を積み重ねながら自分に挑み続けるものです。

私は企業の最終的な価値とは継続することだと考えています。




おまけ:犬にも好かれるジャパネットたかた社長




肥筑方言訛りの甲高い語り口で知られるが、2007年にはテレビ画面内の高田に反応して駆け寄るイヌの動画がインターネットで話題となった。これについて日本音響研究所が調査したところ、高田の声にはイヌにとって聞き取りやすい周波数が含まれており、バウリンガルを用いた鳴き声の分析でも、高田は友達と思われたのではないかとの結果が出ている。



参考関連書籍



伝えることから始めよう [ 高田 明 ]



社長、辞めます! ジャパネットたかた激闘365日の舞台裏/荻島央江著

関連記事

【伝えると伝わるの違い】ジャパネットたかた高田明元社長に学ぶ【売れる極意】

高田明、買いたくなる秘密教えます/生で大事なことは通販から学んだ




タスケです。


ジャパネットたかた元社長のセースルの極意「伝わる技術」についてシェアします。


高田明が通販から学んだこと「伝えると伝わるは違う」



ジャパネットたかた前社長の高田明さん68歳。



ジャパネットたかたの社長としては昨年、テレショップも今年1月に引退しました。

2001年、ジャパネットたかた自社スタジオ完成。

長崎の佐世保に本社を置くジャパネットたかた。

ここに、テレビ局にも引けを取らない放送スタジオが2つあります。
スタッフも出演者も全員社員。
番組をすべて自社制作しています。

高田さんがスタジオにこだわったのは「生放送への強いこだわり」。

ラジオなら生ですぐに商品を紹介できるのに、テレビではそれが出来ませんでした。

「今ある商品をお客様に紹介したい」それが自社スタジオを作った動機だったのです。

日本全国のテレビ局と中継を結び、年間1000本以上の生放送をしています。

1日に何本も生放送を放送。

同じ時間帯に番組が重なることもよくあります。
だからスタジオはいつも大忙し!

1つ放送が終わると、全員走って隣のセットに。
すぐに別の局の放送が始まります。

ディレクターがやるカウントダウンも、なんとカメラマンが兼任。

布団の紹介が終わらないうちに、すぐに男性MCが移動。
女性MCは、生でナレーションを読みながら移動。

そのときすでに、男性MCはエプロンを着けて次の商品紹介のスタンバイ。
布団が終わったわずか15秒後に、別のセットで掃除機を紹介。

一方、女性MCはもう1つのスタジオへ。
これはすべてあくまで、生放送にこだわる高田さんが作り上げた、無駄のない制作システムなのです。

高田さんが現場から退いた今も、しっかりと社員に受け継がれています。

高田さんの通販人生の原点は41歳の時


父親が営むカメラ店から独立して4年後。

地元のラジオ番組に出演し、店ではなかなか売れなかった小型カメラを紹介。

すると、それまで1台売るのにも苦労していたカメラが、半年分の数にあたる50台、あっという間に完売しました。

高田さんは確信しました。

「これからは通販の時代だ」

たった6坪の小さなカメラ店を、年商1700億円の大企業に成長させました。

なぜ、高田さんから買いたくなるのでしょうか?

その秘密は、高田さんのひらめきから生まれる「伝え方」に隠されていました。

高田さんの「伝え方」


高田さんのアイディアで、実際に売り上げが何倍にも伸びたのが「コンパクトサイズのカーナビ」。

その商品の小ささを伝えるために高田さんは……

「あれ?どこいったかな?あっ、そうだ、ここだ!」

カーナビをスーツのポケットから取り出すことで、それがどれだけ小さいかをわかりやすく見せたのです。

この瞬間、売り上げがそれまでの5倍に!

本番10秒前にひらめいたアイディアでした。

さらに、発売されたばかりの家庭用のハンディサイズビデオカメラを紹介したときには、テレビにつないで《ある映像》を見せました。

映っていたのは、無邪気に遊ぶ小さな子どもの姿。

実は、この放送の前日、社員に家族と遊んでいる様子を撮影するよう依頼したのです。

あえて、商品の機能を説明するのでなく、それを手に入れることで訪れる《家族の楽しい未来》を見せたのです。

これで、ビデオカメラは、一気に売り上げ2.5倍!

そして、極めつけは、高田さんが一気に人気商品へと押し上げた「電子辞書」。

小さなボディに100冊以上の辞書が収められた画期的な商品。

その魅力を伝えるために、中に入っている辞書100冊を実際に並べて紹介しました。
実際には見えないものを、形にして見せたのです。

そして、そのとき起きたハプニングが、その量の多さを強調!

山積みにした辞書が崩れ落ちたのです。

その瞬間、注文が殺到し、過去最高の売り上げを記録!

電子辞書の魅力が、見ている人に「伝わった」のです。

高田さんが以前からやってみたかったこととは?


「今まで伝えてきたことが、伝わっていたのか?」
実際にお客さんに確かめてみたかったのです。

通販人生25年の高田さんが、はじめてお客様のお宅を訪問しました。

玄関に入るとすぐに、ジャパネットたかたオリジナルの「ケルヒャー(ドイツ製高圧洗浄機)」。

奥さん曰く「この家を買って、これ(ケルヒャー)を買うのが夢だったんです」。
その言葉に高田さん嬉しそうです。

使い方もちゃんと伝わっていました。

娘の成長を撮ろうと、3年前に買ったビデオカメラも、ジャパンネットで購入したもの。
予備のバッテリー付きで、デジカメも付いていました。

さらに、テレビもジャパンネットで。

高田さんイチオシの「オートターン」機能。
自由にテレビの角度が変えられます。

もう1軒、今度はマンションにお住いのお客様。

こちらでは布団クリーナーを買っていただきました。
使いやすくて大変喜ばれています。

しかし、奥さんが押し入れの奥から引っ張りだしてきたのは、2年前に買ったスチームアイロンで、今は使ってないとのこと。

使い方がよくわからず、ずっと押し入れの中に入れていたそうです。
そこで、高田さんが自ら、改めて使い方を説明します。

除菌もできるしカーテンにも使えるということで、これから使ってみるそうです。

高田さんは「どうして現役時代に来なかったのか」と、実際にお客さんに会うことでいろいろな課題が見えてきて、新生ジャパネットに帰って伝えるそうです。
高田さんが通販人生25年でわかったこと……

《伝える》と《伝わる》は違う

高田さん曰く、戦争も夫婦喧嘩も、伝わらないことから始まると。

本当の平和にするためには、「伝える技術」を磨かないと、ちゃんと伝わらないのです。

高田さんが通販から学んだ一番大事なことは……

今、最善を尽くす



過去でも未来でもなく、今の瞬間を受け入れて、しっかり生きることが人生だと。

高田さんの目標はギネスに挑戦、117歳まで生きることです。


[出典:2016年11月8日放送「人生で大事なことは〇〇から学んだ」]


2016年1月15日最後のテレビショッピング出演






関連記事
Copyright © タスケ本舗:副業・ネットビジネス支援部 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます