記事一覧

調査・検証中
タスケです。株式会社FRAP 仮想通貨事業部黒田公二&金子裕亮 両氏による『 リップルコインギフトプロジェクト 』リップルコイン1000万円分、バラ撒きキャンペーンキてます!↓まずは、キャッチコピーからみてイキましょうたった2日で価値2倍!?あのビットコインを超えた仮想通貨Ripple Coin今話題のリップルコインを1000万円分 "本当に"バラ撒きます。期間内に登録した人には "100%全員" に渡します。こりゃクロだ!?リ...

記事を読む

コピーライティング
タスケです。X-Jr.コピーライター(C級)第4話 内容まとめをシェアしたいと思います。第四話:市場を支配する方法 コピーライターは騎手である第2話:戦士の肉体では、コピーライターは、戦場に向かう戦士である。そして第4話では、コピーライターは騎手であると語りました。ここでいう”馬”は、商品・市場を意味します。まずは馬の選び方・市場の選び方からはじまります。コピーライターが書いたら、なんでも売れちゃう♥……という...

記事を読む

デイリーマインドセット
今日のテーマ:成功者はにんにくが主食要点まとめ仙人さんのお子さんの離乳食は、生のにんにんく!?おやつ代わりににんにくをぽりぽりかじっているとか。男性力がアップする特別ジュースのレシピ遂に公開!他仙人さんのデイリーマインドセットとはインプロビック社が販売している、「X-ファミリーオフィス」の特典として毎朝6時に配信されるコンテンツです。⇒https://www.naturalsuccess.jp/xfamilyoffice/X-Power 4次元肉体進化htt...

記事を読む

仮想通貨
タスケです。ベネフィットクレジットコイン(Benefit Credit Coin)ついに、キましたね!ベネフィット クレジットコイン(BCC)とはクレジットコインとは弊社クレジットコインジャパン株式会社が開発した暗号通貨です。クレジットコインは、従来の暗号通貨にはない、”資産価値の創造と保存”に特化したコインです。資産価値の高い金(実物資産)との現物交換が可能で、コインの発行枚数も限定されているので、短期間での価格の上昇が...

記事を読む

アンタッチャブル!
タスケです。コメント欄に投稿がありましたので、とり急ぎのお知らせです。先ごろ、駐日フィリピン大使館が、『ノア・コイン』について公式通知を発表しました。以下、駐日フィリピン大使館HPより引用します。http://tokyo.philembassy.net/ja/2017年3月14日これは、日本の市場で「事前販売」されていると言われている仮想通貨「ノア・コイン」についてインターネット上で広まっている情報に関するものです。日本市民の皆様から受...

記事を読む

デイリーマインドセット
今日のテーマ:お酒を飲むな、野菜ジュースを飲め仙人さんのデイリーマインドセットとはインプロビック社が販売している、「X-ファミリーオフィス」の特典として毎朝6時に配信されるコンテンツです。⇒https://www.naturalsuccess.jp/xfamilyoffice/X-Power 4次元肉体進化https://www.naturalsuccess.jp/xpower/★デーリーマインドセットタイトル一覧⇒http://tasuke2016.jp/blog-category-25.html...

記事を読む

コピーライティング
タスケです。先回は、X-Jr.コピーライター養成スクール (C級レベル)第3話『説得の方程式』の内容と、宿題を公開しました。第3話では、説得の方程式:優れたセールスレターの方程式を学びました。説得とは、得(メリット)を説く(説明する)こと。お客さまが求めている(欲している)ものを提供し、それを手助けすること。ダメダメなセールスレターは、お客さまが望んでいない価値のないものを押し付ける売り込み臭の激しいもの...

記事を読む

デイリーマインドセット
今日のテーマ:投資をするな。本業に全力を尽くせ仙人さんのデイリーマインドセットとはインプロビック社が販売している、「X-ファミリーオフィス」の特典として毎朝6時に配信されるコンテンツです。⇒https://www.naturalsuccess.jp/xfamilyoffice/X-Power 4次元肉体進化https://www.naturalsuccess.jp/xpower/★デーリーマインドセットタイトル一覧⇒http://tasuke2016.jp/blog-category-25.html...

記事を読む

人物
タスケです。あなたはマンゴーと言うと、何色を思い浮かべますか?日本で生産されているうちの9割以上は「赤いマンゴー」です。しかし、世界的にマンゴーと言えば、「黄色いマンゴー」なんです。赤いマンゴーの正式名称は「アーウィン」と言います。通称、「アップルマンゴー」と呼ばれています。では、何故 日本だけが、赤いマンゴーを食べているのでしょうか?実は、この赤いマンゴー、なんと日本人が作ったのです。農家さんが作...

記事を読む

デイリーマインドセット
今日のテーマ:毎日同じことをして成功しろ要点まとめ・人はほぼ毎日同じことをしている。 習慣の動物 毎日をルーティン化する仙人さんのデイリーマインドセットとはインプロビック社が販売している、「X-ファミリーオフィス」の特典として毎朝6時に配信されるコンテンツです。⇒https://www.naturalsuccess.jp/xfamilyoffice/X-Power 4次元肉体進化https://www.naturalsuccess.jp/xpower/★デーリーマインドセットタイトル一覧⇒ht...

記事を読む

グッズレビュー
タスケです。ずいぶん前のこと。1990年代ころだったとおもいます。ジグ・ジグラー(Zig Ziglar)の自己啓発成功プログラム『ジグ・ジグラー・ピーク・パフォーマーズ・プログラム』を購入しました。画像は中古ショップで展示されていたものを引用させていただきました。↑ジグ・ジグラーってこんな人。これに『速聴機』と、『サイコフィードバックシステム(アルファー波フィードバック・バイオフィードバック)』もいっしょにいか...

記事を読む

デイリーマインドセット
今日のテーマ:明日を変える為には今日を変えるしかない要点まとめ『仕事は明日に伸ばさない』というマインドセット。出来ることは今すぐやる。先延ばしにしない。前倒しに仕事をやる。仙人さんのデイリーマインドセットとはインプロビック社が販売している、「X-ファミリーオフィス」の特典として毎朝6時に配信されるコンテンツです。⇒https://www.naturalsuccess.jp/xfamilyoffice/X-Power 4次元肉体進化https://www.naturalsucc...

記事を読む

黒田公二の野望 リップルコインギフトプロジェクト タダでばら撒くわけがない

タスケです。


株式会社FRAP 仮想通貨事業部
黒田公二&金子裕亮 両氏による
『 リップルコインギフトプロジェクト 』


リップルコイン1000万円分、バラ撒きキャンペーンてます!



↓まずは、キャッチコピーからみてイキましょう


たった2日で価値2倍!?
あのビットコインを超えた仮想通貨
Ripple Coin
今話題のリップルコインを
1000万円分 "本当に"
バラ撒きます。
期間内に登録した人には "100%全員" に渡します。



こりゃクロだ!?リップルコインギフトプロジェクトの裏舞台を探る




URL
http://frap.info/rcg-project/lp1/
(*Web魚拓)https://archive.is/nZOrb


【特定商取引法表示】
販売社名:株式会社FRAP
代表取締役:黒田公二
所在地:〒150-0045 東京都渋谷区神泉町22-5
メールアドレス:rcg.project2017@gmail.com
販売価格:無料
表現、及び商品に関する注意書き:
本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません


メール登録後のページ



URL
http://frap.info/rcg-project/thanks/
(*Web魚拓)https://archive.is/3QKGy

専用LINE@の登録を促されるページに飛ばされます。

登録すると、『リップル』のキーワードでメッセージを送れ。

と指令が出ます。

素直に、リップルとメッセージを送りました。

↓メッセーが返ってきました。
キーワードを確認しました。
特典の『プレミア動画』をお受け取りください。
“1000万円分”のリップルコインを“全員”にプレゼントしますので、その受取り方法もこちらの動画内で確認いただけます。
さらに、リップルコインを無限に増殖させる方法について特別なご案内もあります。
しっかりと最後まで視聴することをお勧めします。



リップルコインをお金をかけずに無限に増殖させることができる、まだ0.1%の人しか知らない “3つの裏ノウハウ”
お話:黒田公二氏


冒頭で、高額塾等の販売は無いと言っていますが、最後のほうで、参加費1万円のところ3000円で参加できるというアナウンスがありました。
特商法では、無料とありましたが……
6月30日にワークショップを開催するとの事前告知がありました。


二番目の指令:キーワード『無限』ヲ送信セヨ



すぐにレスがありました。


キーワードを確認しました。
プレミア動画内で話していた通り、
リップルコインの受取りは
ワークショップへの参加が条件となります

その他にも大抽選会など用意していますが、より多くのリップルコインをGETするチャンスを掴んでください。
更にリップルコインを無限に増殖させるためにも、ワークショップでその方法を習得してください。
※すぐに埋まってしまう可能性があるので、早急なお申込みをお勧めします。

【ワークショップへの申込みはこちら】
→ http://lipservice-cp.com/lp/frap-system/

注1)すでに行き違いでワークショップへ参加申込みしている場合は、再度申込みは必要ありません。
注2)リップルコインの受取りは、参加申込みをして当日参加された方が対象です。
注3)限られた席数であるため、自己都合のキャンセルはいかなる場合も返金はしていません。


申込みURLをクリックしてみます。


URL
http://lipservice-cp.com/lp/frap-system/
(*Web魚拓)https://archive.is/gDEp8

募集開始後席が埋まってしまったとの案内が……


これが、本当のことなら、
最初に「募集は〆切ました」くらいの案内があってもよいはずですね。
文字ではなく、わざわざ手間ひまかけて画像にして埋め込んであるんですからね。

優先順位が間違ってますね。
こんなちんちくりんなことをやっとる会社は信頼できないですね。

……と、思わずグチをこぼしてしまいましたけど。

まあ、これは彼らの策略でしょうネ。
申込み殺到しちゃっててんてこまいです感を演出しちゃってるわけですよネ。

ポジティブに受け取るとですネ~

まあどっちにしたって、いい気分がしませんよネ~

ということで。
脚を小刻みにゆすりながら、
次回のオファーを待つことに致しましょう。




※新しい情報入り次第追記更新いたします。
関連記事

市場を支配する方法|X-Jr.コピーライター(C級)第4話まとめ

タスケです。


X-Jr.コピーライター(C級)第4話 内容まとめをシェアしたいと思います。


第四話:市場を支配する方法



コピーライターは騎手である


第2話:戦士の肉体では、
コピーライターは、戦場に向かう戦士である。

そして第4話では、
コピーライターは騎手である

と語りました。

ここでいう”馬”は、商品・市場を意味します。

まずは馬の選び方・市場の選び方からはじまります。

コピーライターが書いたら、なんでも売れちゃう
……という幻想。

コピーライターに依頼する人も、
これからコピーライターになろうとする人も
こんな妄想は早く捨てたほうがいいですね。

優秀なコピーライターは、
勝てる土俵を選び、勝てる馬を選びます。

コピーライティングがどんなに素晴らしくても、
売れないものは、絶対に売れない。ということを理解してください。

なんでもホイホイ引き受けるわけではありません。



未来ノ市場ヲ支配スル


コピーライターは、商品を選びます。市場を選びます。

自分から勝ちに行きます。

既存ビジネスの亜流ではなく、ゼロから生みだすことが大事だといいます。

今回の授業は、タスケにとってもンのすごいぶっとんだ内容でした。

と、同時に仙人さんが、タスケの想像をはるか超えるぶっとんだ人だということを知りました。

ゴールドラッシュのような、ビッグウェーブを自分で起こせ!というのですから。




自分への質問


そのために、自分自身に静かに問いかけてみなさい、と。


ほかに誰も信じてくれないけれど

俺だけは信じていること……

それはなんだろう?




仙人さんの例



・子どもを産むには自宅出産が一番安全だ

・子どもたちを学校に通わせないで、
ホームスクール(アンスクール)で教育するのが一番だ




こういった、誰も信じてくれないような分野をひとつ持って欲しい。

というのです。

実際仙人さんは、人口3億人計画!
黄金の国ジパングを目指し、お弟子さんたちとともに
『産めよ増やせよ』を実践中

謎の国に住む仙人さんの子供たちもみな自宅出産ですし、
学校に通わせず、仙人さんが直接教育をしています。

そのうち、日本でも自宅出産やホームスクールが主流になるのでしょうか?


世界的規模化


世界的規模

聞きなれない単語ですが、これは仙人さん独特の表現で、
たとえば、後進国が先進国の真似をしたような既存のビジネスのことを指します。

Jrコピーライターは、
世界的規模化の商品サービスではなく
無から有を産むものに関与すべきである。


これが人類の進歩につながるのだ、と。


競争しない!


競争社会=妄想社会

競争しない、競合のない未だ誰もやっていない分野に着手せよということです。

そのためには、自分オリジナルのカテゴリーをつくる必要があります。

ゼロからスタートする分野ですから、スグに結果はでません。

先行者利益(先駆者利益)など望めるはずもなく、
芽がでるまでは、15年くらいかかる長期持久戦を覚悟する必要があります。


市場を支配する方法


他に誰もやっていない分野ですから、競争する必要はありません。
もうその時点で独占状態なのですから、事実上市場を支配していることになります。

市場を支配するための要件は4つ。


①他にマネ出来ない技術
 Google、Apple、Coca-Colaなど

②小さな市場
 小さな市場にはライバルがいない

③拡大可能ビジネス
 大量生産出来るか?

④ブランディング





以上、第四話の要点をまとめてみました。



市場を支配する!
X-Jr.コピーライター養成スクール(C級)
https://www.naturalsuccess.jp/XJrCopywriterSchool/
関連記事

成功者はにんにくが主食【デイリーマインドセット第38話:Mr.X 仙人さん】

今日のテーマ:成功者はにんにくが主食




要点まとめ

仙人さんのお子さんの離乳食は、生のにんにんく!?
おやつ代わりににんにくをぽりぽりかじっているとか。
男性力がアップする特別ジュースのレシピ遂に公開!




仙人さんのデイリーマインドセットとは


インプロビック社が販売している、「X-ファミリーオフィス」の特典として毎朝6時に配信されるコンテンツです。
https://www.naturalsuccess.jp/xfamilyoffice/

X-Power 4次元肉体進化
https://www.naturalsuccess.jp/xpower/

★デーリーマインドセットタイトル一覧
http://tasuke2016.jp/blog-category-25.html
関連記事

噂のベネフィットクレジットコインBCC 買ってみた

タスケです。

ベネフィットクレジットコイン(Benefit Credit Coin)

ついに、ましたね!




ベネフィット クレジットコイン(BCC)とは


クレジットコインとは弊社クレジットコインジャパン株式会社が開発した暗号通貨です。

クレジットコインは、従来の暗号通貨にはない、”資産価値の創造と保存”に特化したコインです。

資産価値の高い金(実物資産)との現物交換が可能で、
コインの発行枚数も限定されているので、短期間での価格の上昇が見込める非常に有力な
収益性の高い唯一のデジタルカレンシー(暗号通貨)です。

[出典:クレジットコインジャパン株式会社:http://www.creditcoinjapan.co.jp/index.html]




当初の『クレジットコインXCC』から
現在は『ベネフィットクレジットコインBCC』に名称変更になりました。

ベネフィットクレジットコインに関する公式サイトは、
現在、デジタルカレンシー株式会社となっています。

これは、『クレジットコインジャパン株式会社』が、
『デジタルカレンシー株式会社』に統合されたことによるものです。

『クレコインクラブ』は、その子会社という位置づけになります。

【会社概要】
会社名:デジタルカレンシー株式会社
住所:〒105-0004
東京都港区新橋4-9-1新橋プラザビルコアレジデンス401号室
電話番号:03-6435-7913
FAX番号:03-6435-7914
公式サイトL:http://digitalcurrency-bcc.tokyo/


関連参考サイト
デジタルカレンシー株式会社
http://digitalcurrency.tokyo/
クレコインクラブ
http://www.crecoinclub.com/



ベネフィットクレジットコインって詐欺なの?


ヤフー知恵袋の知恵ノートにクレジットコインを詐欺扱いする記述があります。


詐欺が疑われる仮想通貨(暗号通貨)への投資 検証8
ライター:ado1066aet2さん(最終更新日時:2016/9/3)投稿日:2016/8/30

https://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n393067
(*Web魚拓)https://archive.is/fnZI3

ちなみにタスケ。
クレジットコイン(XCC)が、詐欺だなんだと騒がれている頃
バッチリ購入し、しっかり保有しています。
もちろん、この知恵ノートのことも知ってました。、

泉先生の手がけるノアコインのように、

国家プロジェクトだなんだと、射幸心を煽りに煽ったセールスを繰り広げるわけでもなく、
ネットで大げさな宣伝をするわけでももなく、
お金持ちの間で、粛々とクチコミで広まっていってた頃です。

なので、『金持ち喧嘩せず』のたとえどおり、
クレジットコインの悪い噂を聞いても、な~んも、なんも(*^^*)

否定すらしないという、
完全スルー状態でした。


4月1日 取扱い開始 by 東京ゲートウェイ(旧東京JPY)



URL
https://www.tokyogw.com/

※東京ゲートウェイのWebページを見ると、ベネフィットクレジットの広告が出てきます。

タスケはBCCを1円で購入、
その他にも、主要な仮想通貨をホールドしています。


BCCの現在の価格は、こちらで確認できます。
https://xrpcharts.ripple.com/

ちなみに、2017年05月27日(金)am04:08時点での価格は
9.094円(BCC/JPY)


二ヶ月弱で、約9倍も価値が上昇しています。








これからも、ベネフィットクレジットコインについて、情報をお届けします。
新しい情報が入り次第、追記更新いたします。
楽しみにお待ち下さい。





【ノアコイン国家プロジェクトは嘘!!】駐日フィリピン大使館が注意勧告!!



タスケです。

コメント欄に投稿がありましたので、とり急ぎのお知らせです。

先ごろ、駐日フィリピン大使館が、『ノア・コイン』について公式通知を発表しました。

以下、駐日フィリピン大使館HPより引用します。
http://tokyo.philembassy.net/ja/



2017年3月14日

これは、日本の市場で「事前販売」されていると言われている仮想通貨「ノア・コイン」についてインターネット上で広まっている情報に関するものです。

日本市民の皆様から受けた問い合わせに応え、当大使館はフィリピン中央銀行(Bangko Sentral ng Pilipinas)と証券取引委員会(Securities and Exchange Commission)に確認を行ないました。

フィリピン中央銀行によりますと、中央銀行は、ノア・ファウンデーション及びノア・グローバルイノヴェーションサービス(ノア・グローバル)に対して、ノア・コインの事前販売に携わる権限を与えておらず、また、ノア・コインを国家プロジェクトとして承認しておりません。

中央銀行により行なわれた初動調査では、ノア・コインの事前販売活動は、会社定款に記載されたノア・グローバルの主要・副次目的からかけ離れたものです。

フィリピン中央銀行と証券取引委員会の調査では、ノア・グローバルに国債や証券、その他類似証券を販売取引するライセンスや権限はありません。

加えて、ノア・グローバルは、証券取引委員会に登録されている住所に実在していません。

ノア・グローバルの事務所住所(タギッグ市フォートボニファシオのネット・リマ・ビルディング、正確には10/F, Net Lima Bldg., 5th Avenue corner 26th Street, Brgy. Fort Bonifacio, Taguig City)への現地視察と調査を行なったところ、当該企業はネット・リマ・ビルディングのテナントではありませんでした。

これらの観点から、市民の皆様はデジタル金融取引への従事には慎重になり、フィリピン中央銀行(http://www.bsp.gov.ph/)や取引証券委員会(http://www.sec.gov.ph/)などフィリピンの関連政府機関のウェブサイトを確認するようお願いいたします。

[出典:駐日フィリピン大使館 http://tokyo.philembassy.net/ja/01announcements/notice-to-the-public-9/]






ノアコイン紹介時の動画内容と、駐日フィリッピン大使館の見解が違う点にご注意ください。


https://youtu.be/CGrec8dzHv8







この騒動に対する、NOAH PROJECT側の答弁





【※NOAH PROJECTは国家プロジェクトではありません

NOAH PROJECTは”国家プロジェクト”ではないのか?
という問い合わせを複数件いただいております。

NOAH PROJECTは”国家プロジェクト”、つまり”政府が行っているプロジェクト”ではありません。

あくまでも有志が集って発足した”民間のプロジェクト”になります。

公式には”国家プロジェクト”であるという発表は一切していないにもかかわらず、NOAH PROJECTが”国家プロジェクト”であるという噂が広まっているようです。

そして、”国家プロジェクト”ではないにもかかわらず、

”国家プロジェクト”だとして資金調達をしている

とされており、少なからず風評被害を受けております。

皆様、NOAH PROJECTは有志が集って発足された”民間のプロジェクト”になります。
こちら誤解のないようご理解いただけると幸いです。



ノアプロジェクトは、

国家プロジェクトではない!

とハッキリ否定していますね。


”国家プロジェクト”だとして資金調達をしているとされている……

とは、つまり泉先生を筆頭とする資金調達グループだということになります。



泉忠司先生の弁解





今回のノアプロジェクトに関しまして

ノアプロジェクトは間違いなくフィリピン航空や財閥や政治家もたくさん絡んでる国家規模なプロジェクトですが、

大使館に「政府公式のプロジェクトですか?」と問い合わせた人がいて、政府がオフィシャルにやってるプロジェクトではありませんということを言ってるだけなんですよね。

例えば、日本航空や全日空や三井や住友や野村不動産やキリンビールなどが一緒になって動いていて、政治家も多く賛同し、最高裁判所の判事まで入ってるプロジェクトは間違いなく国家規模なプロジェクトですよね。

でも、安倍政権がやってる政府のプロジェクトではありませんね。ということを大使館が言ってるだけの文章です。

第2期からは財閥や大企業のトップがセミナーや動画でも直接登壇して話しはじめますので、皆さん安心すると思いますよ。

さらに付け加えるならば、2月、3月のセミナーでは全会場でお話ししましたが、

ノアファウンデーションが最終的に目指しているのは、フィリピン国内の問題を超えて、「全世界の貧困問題を解消すること」です。

その具体的手段とノアコインの役割については長くなるので、ここでは割愛します(セミナーに来ていただけば毎回必ず話しています)が、だからこそ、フィリピンとはこれまで接点のなかった世界トップの専門家たちさえもがノアファウンデーションのボードメンバーや賛同者に名を連ねているのです。

その一人がノアコイン開発技術顧問のDavidであることはすでに発表済みです。

Davidはモナコのプライベートバンクをはじめ世界各国の様々な銀行の顧問であり、アメリカの名門プリンストン大学で暗号通貨の教鞭をとっているような、金融にも暗号技術にも長ける天才数学者です

僕自身も単に「フィリピンのOFWの送金問題の解消」がゴールなら、ノアファウンデーションのためにここまでの協力をすることはなかったでしょう。

「全世界の貧困問題を解消すること」が最大の目的というビジョンに共鳴すると同時に、ノアコインでそれが実現可能だと判断したからこそ、無償で本気で取り組んでいるのです。




証拠資料:『国家プロジェクト』の文字が消されている宣伝ページ



★2017年3月29日現在のノアコインプロジェクトHP
http://www.philippinescoin.com/noahcoin/purchase.html
WEB魚拓
https://archive.is/za35E


国家プロジェクトで発行される仮想通貨のため

の文字が削除されています。


★2017年3月27日11:30:06(GMT)に取得されたページキャッシュ

https://archive.is/9e0BW


ノアコイン関連記事



悪夢の始まり!?泉忠司先生 6000兆プロジェクトはノアコイン長者の夢を見るか!?

【2017年1月11日プレセール】新仮想通貨 ノアコイン(NOAH COIN) フィリピン暗号通貨NOAH PROJECT 泉忠司先生大活躍の巻

ノアコイン記事一覧
http://tasuke2016.jp/?tag=ノアコイン

仮想通貨/暗号通貨に関する内容は、こちらの記事も参考にされてください。

何かと噂の『ベネフィットクレジットコインBCC』買ってみた。


関連記事

お酒を飲むな、野菜ジュースを飲め【デイリーマインドセット第37話:Mr.X 仙人さん】

今日のテーマ:お酒を飲むな、野菜ジュースを飲め




仙人さんのデイリーマインドセットとは


インプロビック社が販売している、「X-ファミリーオフィス」の特典として毎朝6時に配信されるコンテンツです。
https://www.naturalsuccess.jp/xfamilyoffice/

X-Power 4次元肉体進化
https://www.naturalsuccess.jp/xpower/

★デーリーマインドセットタイトル一覧
http://tasuke2016.jp/blog-category-25.html
関連記事

コピーライターに必要な文章力レベルとは

タスケです。



先回は、
X-Jr.コピーライター養成スクール (C級レベル)
第3話『説得の方程式』の内容と、宿題を公開しました。


第3話では、説得の方程式:優れたセールスレターの方程式を学びました。

説得とは、
(メリット)をく(説明する)こと。
お客さまが求めている(欲している)ものを提供し、それを手助けすること。

ダメダメなセールスレターは、
お客さまが望んでいない
価値のないものを押し付ける
売り込み臭の激しいもの。

フォード社:エドセル(Edsel)の歴史的大失敗エピソードを通じ、
お客さまを無視し、
自分の問題だけを解決しようとしたことに
最大の過ちがあったことを学びました。

ここで
X-Jr.コピーライター養成スクール入学の10条件
の内容を再度確認してみます。


条件8:当校の卒業者は、お客様の幸せを中心軸に捉え、クライアントの成功を願い、社会にポジティブなインパクトを提供する事を最大の目的とした活動を行い、
自己の収入額、
金銭的報酬を優先する行為は
一切許されない
事を理解します。




X-Jr.コピーライターとしての矜持は、この一文に代表されると思います。

”自己の収入額、金銭的報酬を優先する”ような者はX-Jr.コピーライターに非ず。

己の欲得のみで行動する、人としてサイテーな
極重の悪人である。

このことをよく肝に銘じ、日々精進致します。





と、いうことで今回も、
第3話授業内容に関連した疑問、質問を
仙人さんにぶつけてみたいと思います。


仙人さんへの質問



仙人さんは、

セールスレターは売れるかどうかが命!

文章力が問題ではないとおっしゃいました。

売れるセールスレターのポイントは、
文章が上手いとか、美文だとかフックが効いてるとか……
そういったものは、まったく関係がない。

むしろ、ポエムっぽくかっこよく書こうとか、
文章講座で習ったような文体で書こうとすればするほど
売れなくなる…ということです。


たしかに、うまい文章が書けても
商品が売れないことには、セールスレターの価値がないことは理解しました。

そこで、質問です。

文章力が問題ではないとのことですが、
その最低限の水準を知りたいです。

文章力が問題でないと言われて、
正直、なんだかホッとする自分がいます。

でも、それに甘んじて、文章力を磨くことを疎かにしてはいけないと思うのです。

小説やボエムを書くのではないのですから、
文章作法が違うのは当然と理解しています。

しかし、趣味で小説を書いているアマチュアとは違い、
コピーライターたるもの文章を書いて飯を喰うわけですから、
文章力といいますか文章の質を疎かにしてはいけないと思うのです。

たとえば、書き慣れていない人の文章は、
思想、信条、感情、行動、心理、考えたこと、説明など、
盛りだくさんの要素が入り乱れていることが多いです。

結局、何を言いたいのかわからない…ということがよくあります。

こういう状態でセールスレターを書いても売れない…のはわかるのですが、
では、どのレベルの文章力であればいいのか、その基準がわかりません。


日本語の表現について、
最低限の文章レベル
というものを具体的に知りたいと思いました。



以上。

仙人さんにメール送信してみました。



こんなコピーライターは嫌だ!
X-Jr.コピーライター養成スクール
https://www.naturalsuccess.jp/XJrCopywriterSchool/
関連記事

投資をするな。本業に全力を尽くせ【デイリーマインドセット第36話:Mr.X 仙人さん】

今日のテーマ:投資をするな。本業に全力を尽くせ




仙人さんのデイリーマインドセットとは


インプロビック社が販売している、「X-ファミリーオフィス」の特典として毎朝6時に配信されるコンテンツです。
https://www.naturalsuccess.jp/xfamilyoffice/

X-Power 4次元肉体進化
https://www.naturalsuccess.jp/xpower/

★デーリーマインドセットタイトル一覧
http://tasuke2016.jp/blog-category-25.html
関連記事

ジョブズが憧れた日本人 アップルマンゴー佐々木正伝説

タスケです。



あなたはマンゴーと言うと、何色を思い浮かべますか?

日本で生産されているうちの9割以上は「赤いマンゴー」です。



しかし、世界的にマンゴーと言えば、「黄色いマンゴー」なんです。

赤いマンゴーの正式名称は「アーウィン」と言います。

通称、「アップルマンゴー」と呼ばれています。


では、何故 日本だけが、赤いマンゴーを食べているのでしょうか?

実は、この赤いマンゴー、なんと日本人が作ったのです。

農家さんが作ったのではありません。

赤いマンゴーを作ったのは、電機メーカー「シャープ」の元副社長・佐々木正(ささきただし)です。




佐々木がマンゴーを作ったのは、シャープに入社する遥か前、高校生の時に卒業制作の研究課程として開発してしまったのです。

天才ですね。


ホラ吹き佐々木



そんな天才がシャープに入社して、スゴイ物を作っていました。
世界で初めて「電卓」を作った人なのです。

若い人に言わせれば、「電卓!?たかが電卓じゃない?」と思うかも知れませんが、その当時の計算機ってとんでもなく巨大だったのです。



こんな時代に佐々木は「電卓をコンパクトに作るんだ」と言ったものですから、相当周りからバッシングされたようです。

「そんなことできるわけない」

「お前、よくも言ったな」

「このホラ吹き野郎」

その当時のあだ名が「ホラ吹き佐々木」でした。

しかし、そんな野次をはねのけて、佐々木は遂に電卓を完成させました。

つまり、佐々木という人物は「伝説の開発者」だったんです。

ただ、この佐々木の伝説はここで終わりません。

佐々木はその後に副社長になります。

副社長になった時、20歳の若者が佐々木を訪ねてきます。


その20歳の若者はこう言いました。



「新しいビジネスのアイディアがあるんです、ただ斬新過ぎて、ほかの会社では門前払いを食らってしまいました。だから佐々木さん、あなたはどうか話を聞いてください」

どんなアイディアだったかと言いますと、「電子翻訳機」というアイディアでした。

今でこそ、スマホのアプリなどで普及してきましたが、はるか40年前の話です。

そんなこと誰も思いつかない時代の話です。

そんな時、佐々木は先見の明がありますから、

「この若者、見所あるぞ。これ、面白い話じゃないか」ということで、大胆にも20歳の若造に、その当時でいう「1億円」をポーンと渡したのです。

そして「そのアイディア買った!」と言って、シャープで商品化してしまいました。

それが、「ポケット型電訳機 IQ3000」です。

これは、世界で初めてのポータブル翻訳機なのです。





そうやって、世界初の発明をすごい決断力で産みだし続けた伝説の天才。

若者は、1億円を元手に会社を興して大成功しました。

その若者の名は、「孫正義」


[出典:PRESIDENT Online http://president.jp/articles/-/16742]

佐々木正は数々の発明を作りましたが、1人の天才経営者も作りだしていたのです。



さらにもう一人の天才にも影響を与えた



翻訳機が話題を呼んで、とある天才が佐々木の元を訪ねてきました。

その天才こそ、スティーブ・ジョブズです。




スティーブ・ジョブズが熱心に会いたいと言って、ついに面会がセッティングされました。

そして彼は佐々木に聞きました。

「佐々木さん、あなたは素晴らしい発明をたくさん残してる。あなたのビジネスのルーツは何ですか?」

すると佐々木はこう答えました。

「僕のビジネスのルーツはアップルマンゴーなんですよ」

ここでアップルマンゴーが出てくるのです。

これはすごい発明でした。

何故なら、リンゴは北国のもの、マンゴーは南国のものです。

それを掛けあわせるのは大変な作業だったそうです。

でも、リンゴとマンゴーを掛けあわせたことで、圧倒的なものが生まれました。

「つまり、真逆のものを組み合わせて新しいものを作る、これがビジネスだよ」

そう佐々木は言ったのです。

スティーブ・ジョブズものすごく感動したそうです。

「はー、素晴らしい話ですね。そして佐々木さん、うちの会社、アップルって言うんですよ。もしかしたら、わが社もいつか、マンゴーとなる何かを見つけなきゃいけないかも知れませんね」

そんな話をして2人は別れたそうです。

そして数年後、アップル社は画期的な商品を発表します。

それが「ipod」です。




ipodは、その操作性やデータで音楽を聞くという革新性、それもさることながら、なにが素晴らしかったって、ライバル会社であるマイクロソフトのウィンドウズでも使えるようにしたことです。

普通なら、自社のパソコンを売りたいから、アップルのパソコンでしか使えないと言えば、パソコンも売れたはずでした。

でも、ウィンドウズでも使えるようにしたことで、スティーブ・ジョブズは世界を制したのです。

これはまさに、「アップルがマンゴーを見つけた瞬間」とも言われているんですね。


佐々木正は、アップルマンゴーを日本に与えました。

そして、翻訳機や電卓も与えました。

孫 正義には、ビジネスのチャンスを与えました。

そして、スティーブ・ジョブズには勇気を与えました。

この大きな歴史のうねりの中で、1人の天才日本人はたしかに存在しました。

そんな天才・佐々木正

なんと、御年102歳!バリバリに元気です。
(1915年(大正4年)5月12日生)

近年、インタビューを受け、記者からこんなことを聞かれました。

「佐々木さん、今の夢はなんですか?」

「私の夢は、120歳まで生きることです」

記者はそれを聞いて、笑いながら言いました。

「佐々木さん、それすごいですけど、そんなことできるんですか?」

すると佐々木さんは、真っ直ぐな目でこう答えました。

「その方法と理論、もう僕の頭の中にあるんです」

そう豪語したというのです。

(了)

[出典:2016年6月24日「やりすぎ都市伝説スペシャル2016夏」]




ロケット・ササキ ジョブズが憧れた伝説のエンジニア・佐々木正


関連記事

毎日同じことをして成功しろ【デイリーマインドセット第35話:Mr.X 仙人さん】

今日のテーマ:毎日同じことをして成功しろ




要点まとめ

・人はほぼ毎日同じことをしている。
 習慣の動物
 毎日をルーティン化する


仙人さんのデイリーマインドセットとは


インプロビック社が販売している、「X-ファミリーオフィス」の特典として毎朝6時に配信されるコンテンツです。
https://www.naturalsuccess.jp/xfamilyoffice/

X-Power 4次元肉体進化
https://www.naturalsuccess.jp/xpower/

★デーリーマインドセットタイトル一覧
http://tasuke2016.jp/blog-category-25.html

関連記事

歩くα波発生装置

タスケです。



ずいぶん前のこと。1990年代ころだったとおもいます。

ジグ・ジグラー(Zig Ziglar)の自己啓発成功プログラム
『ジグ・ジグラー・ピーク・パフォーマーズ・プログラム』を購入しました。


画像は中古ショップで展示されていたものを引用させていただきました。


↑ジグ・ジグラーってこんな人。


これに『速聴機』と、
『サイコフィードバックシステム(アルファー波フィードバック・バイオフィードバック)』
もいっしょにいかがですか?
と、勧められ、勢いで買ってしまったという。

今でも思い出すたび、胃酸がこみあげてくるような……
そんなタスケが墓場まで持っていこうと思っていた黒歴史を披露します。

現代風にいえば、いわゆるひとつのノウハウコレクターというのでしょうか。
買ったはいいけど、チョッと使っただけで部屋の片隅に放置プレイ状態のまま、ローン返済を終えました、とさ orz=3

当時の速聴機はカセットテープ式でした。
キュルキュルと4倍速まで加速できるんです。
まったく聴き取れませんでした┐(´д`)┌
嫁の早口の小言はよく聴き取れるというのに、なんということでしょう。

一方、
『サイコフィードバックシステム』というのは、

頭に電極バンドを巻いて、耳たぶに電極クリップを挟み、瞑想しながら成功プログラムを聞くというもの。



α波が発生すると、音と光で知らせて(フィードバックして)くれるんです。

α波が発生しているときの状態、心持ち、感覚を覚えておけば、
普段の生活の中でもその心持ちになれば、
いつどんなときでも、α波状態になることができるという訓練です。

こちらは、聴き取るのに余計なストレスがかかる速聴と違って、
リラックスしていればいいので、毎日の日課となりました。
晩酌のお酒をちびちびやりながらの訓練ですからね。

脳波がα波支配状態になると、身体がリラックスしていて、手のひらも温かくなります。

半月ばかりテープを聴いたでしょうか。

自分では充分くつろいでいると自覚しているのですけれど、
ところがどうしても音と光のフィードバックがないんです。

販売代理店にクレイムをつけようと思っていた矢先、
ユーザーの集いのお知らせがありましたもので、
その時に文句とイヤミを言ってやろうと思って準備していました。

その集会では、訓練の成果を確かめるため、
一人一人の脳波(α波レベル)を測定してくれました。

そこでわかったことは、
タスケのα波レベルが相当高いということでした。

どうやらタスケが買ったフィードバック装置では、
あまりにα波レベルが高すぎて、
ちょうど体重計の針が振り切れた状態になっていて、反応しなかったようなのです。

それこそ消え入りそうな微弱なα波レベルであれば、
それなりに音と光で知らせてくれるのでしょうが、
タスケが発しているα波は機械のキャパを超えてしまっていたようです。

それでまたわかったことは、
タスケは普段から脳波がα波状態らしく、
特別訓練をしなくてもいいそうなんです。

わーい、やったね!♪ルンルン。



……って、それがわかってたら
買わなかったのに(ぎゃふん



お後がよろしいようで (´ε` )\ペンペン


後日談



その後無用の長物となった、成功プログラムは、
当時ヤフオクやメルカリなどの便利なシステムがなかったので、
パソコン通信時代のニフティーサーブ(現@niftyパソコン)の電子掲示板『売ります買いますコーナー』で売りさばきました。

現代では、バイオフィードバック装置もいろいろ進化しているようですね。



角度計測からバイオフィードバックトレーニングまで応用可能なマルチな計測機器




生きとし生けるものが幸せでありますように
X-Jr.コピーライター養成スクール
https://www.naturalsuccess.jp/XJrCopywriterSchool/
関連記事

明日を変える為には今日を変えるしかない【デイリーマインドセット第34話:Mr.X 仙人さん】

今日のテーマ:明日を変える為には今日を変えるしかない




要点まとめ

『仕事は明日に伸ばさない』というマインドセット。
出来ることは今すぐやる。先延ばしにしない。
前倒しに仕事をやる。



仙人さんのデイリーマインドセットとは


インプロビック社が販売している、「X-ファミリーオフィス」の特典として毎朝6時に配信されるコンテンツです。
https://www.naturalsuccess.jp/xfamilyoffice/

X-Power 4次元肉体進化
https://www.naturalsuccess.jp/xpower/

★デーリーマインドセットタイトル一覧
http://tasuke2016.jp/blog-category-25.html
関連記事
Copyright © タスケ本舗:副業・ネットビジネス支援部 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます